くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 引札暦

引札暦その7

二十四節気と雑節

史料

引札暦_二十四節気と雑節

※無断転載禁止

解読文(枠内)

上段

小かん・一月五日/大かん・一月廿日/ひがん・三月十七日、九月廿日/社日・三月廿二日、九月十八日/土用・一月十七日、四月十七日、七月十九日、十月廿日

下段

せつぶん・二月二日/はつ午・二月二日/八十八や・五月一日/入ばい・六月十一日/げし・六月廿一日/はんげ生・七月二日/二百十日・八月卅一日/とうじ・十二月廿一日

二十四節気とは

二十四節気とは、一年を二十四に分割したもので、立春・冬至・秋分など季節の目安を示す名称です。以下は史料に出てきた二十四節気の意味です。

小寒(しょうかん)

一月六日ごろで、この頃から寒さが厳しくなる。

大寒(だいかん)

一月二十日ごろで、一年中で最も寒い頃とされる。

夏至(げし)

六月二十一日ごろ。北半球では昼間が最も長い日であるが、日本では梅雨の最中。

冬至(とうじ)

十二月二十二日ごろ。一年中で昼が最も短く、夜が長い。。

雑節とは

雑節とは、二十四節気以外に季節の目安として設けられた特定の日、または期間です。以下は史料に出てきた雑節の意味です。

土用(どよう)

一年に四回あり、立春・立夏・立秋・立冬前の各十八日間。一年にすると総計七十二日間ある。その最初の日を「土用の入り」、最後の日を「土用の明け」と言い、史料は「土用入り」を示す。

春夏秋冬は突然来るわけではなく、季節の変わり目である土用があって初めて訪れる。過ぎ去るべき季節を殺し、来るべき季節を育成するという重要な意味が土用にはある。

節分(せつぶん)

立春の前日。二月三日ごろ。炒り豆をまいて悪鬼を払う習慣がある。本来、季節の分かれる日の意で、立春・立夏・立秋・立冬の前日をいう。

初午(はつうま)

二月の最初の午の日。各地の稲荷神社で祭礼が行われる。

彼岸(ひがん)

春分、秋分の日を中央に挟む七日間。

社日(しゃにち)

春分・秋分に最も近い戊(つちのえ)の日。春は春社(しゅんしゃ)といって地神に豊作を祈り、秋は秋社といって、収穫を感謝する祭りを行う。

八十八夜(はちじゅうはちや)

立春から数えて八十八日目の日。五月二日ごろで、このころから農家は種まき・茶摘み・養蚕などで忙しくなる。

入梅(にじゅうばい)

梅雨の季節に入ること。梅雨入り。六月十一日ごろ。

半夏生(はんげしょう)

夏至から十一日目。七月二日ごろ。農家ではこのころ、田植えの終期とした。

二百十日(にひゃくとおか)

立春から数えて二百十日目。九月一日ごろで、この前後は季節の変わり目で暴風雨が多い。

  

参考文献

北原 保雄 (著,編集) 『明鏡国語辞典 第二版 』(大修館書店; 第二版 2010年)

史料情報

  • 表題:武州小川町紙荒物新井茂三郎[引札]
  • 年代:明治25/形態:一枚
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家4825
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

引札暦

1.引札暦とは/2.略暦とは/3.神武天皇即位紀元/4.大小とは/5.戦前の祝日

6.甲子、庚午とは/7.二十四節気と雑節/8. 日曜表/9.引札暦その2/10.三鏡宝珠形

11.歳徳神/12.金神/13.八将軍/14.干支のお祭り/15.八専/16.旧暦の大小

関連リンク

暦講座

1.陰陽五行説/2.十干/3.十二支/4.干支/5.八将神/6.金神/7.歳徳神/8.二十八宿/9.十二直

日付の解読

1.十干の解読/2.十二支の解読/3.閏月の解読

伊勢暦

1.伊勢暦とは/2.年号と干支/3.三鏡宝珠形/4.歳徳神/5.金神/6.八将軍/7.土公神

8.月の大小/9.月の干支/10.二十八宿と七曜/11.暦日の暦注/12.十二直