くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. かわら版

かわら版その9

瓦版・アメリカ人とロシア人その1(現代語訳)

史料

江戸時代渡来人

※無断転載禁止

現代語訳

北亜米利加(アメリカ)内 合衆国

この国は、元八か国だったが後に十三国となり、また近頃増して加えて三十二以上の大国となる。またこの地の国王は、前任者を退けることによって相続するのではない。

国中で才知が優れた者が選ばれ、国の司(つかさ)として、諸州の大意・契約を定める。これを共和政治と言う。

中心地は、「わしんとん」と言う。元ヨーロッパ人がこの国をひらく。もっとも風俗は同じではない。この国の人は勇壮にして、学術を好み、法度に厳しい。

時候は日本より少し寒いが、田畑の実りは良い。大いに豊かな国だ。日本の東にあたり、海上は凡五千里である。

欧羅巴(ヨーロッパ)内 帝国魯西亜(ロシア)

この国は、世界第一の大国にして、ようろつぱより日本の奥・蝦夷の島々に続いて、国本五土国に分ける。首都はべいとるびゆる(ペテル(ス)ブルク)と言う。ロシア人は勇壮にして、また軍術を鍛練する。

近ごろ伯徳禄(へいとる・ピョートル1世)という大将が出てきて、民芸に達し、軍隊の威力は甚だ勢いがである。西洋の諸国で比べる者なし。時候は東方は悪く、南方は良い。日本から正北に当たり、海上里数は大国なので定かでない。

解説

幕末、黒船来航に伴い、この瓦版ではアメリカ人とロシア人について紹介しています。アメリカの中心地は「わしんとん」で、アメリカ人は勇壮にして、学術を好み、法度に厳しいと伝えています。

ロシアについては「べいとるびゆる」と「伯徳禄(へいとる)」を紹介しています。私には何を誰を指しているのか全くわからず、このページこの場所において「わかった方はメールで教えてね。」と記して数年。

ついに先日(2016年11月)、ロシア帝国史をかじったことのあるというD.N.さんからメールをいただき、ようやっと解決しました。涙!いただいたメールは下記の通り。

▼ここから

ピョートル大帝(1世ピョートル・ヴェリィーキィ)=へいとる

日本史で言えば側用人政治華やかなりしころから八代将軍吉宗の享保年間の前半と在位の時期が重なります。バルト海の制海権を争って当時の大国であったスウェーデンと争い(大北方戦争)南へはウクライナや黒海方面へと徐々に拡大していった時期です。

ペテルブルク=べいとるびゆる

彼が、モスクワからネヴァ川河口の湿地帯に新都を建設したのが18世紀の初め。既述「聖ペテロの町」を意味するペテルブルク(現代ロシア語発音ならピチルブル(ク))です。「ペテロ」はロシア語で「ピョートル」。聖ぺテロの町でありピョートルの町でありというダブルミーニングであるともいえます。

日本奥えぞの島々につゞゐて/日本より正北(まつきた)に当り

今の沿海州がいまだ清国領でウラジオストクの影も形もなかった(ロシア領になりウラジオストク建設の測量が始まるのはアロー号戦争以降の国際政治の展開で北京条約が結ばれる1860年以降)ことを踏まえると、蝦夷、千島樺太の連なりの先にある国だという説明も非常に忠実なもののように見えます。

▲ここまで。

ええッ…この瓦版、完璧じゃないですか。ただの紙切れだと思っていたのに(笑)。この瓦版を書いた人の記者魂、半端じゃないですね。いい仕事してるなあ。

テキスト情報から改めて視線を、真ん中のイラストのアメリカ人とロシア人に移すと、恐ろしいほどリアルな描写に見えてきました。ほっこりした絵だなと思っていたのに(笑)。素敵には変わりないんですけどね。

それでは次ページにて実際、史料の解読にチャレンジしてみましょう!

  

史料情報

  • 表題:[北亜墨利加ノ内合衆国并欧邏巴ノ内帝国魯西亜]
  • 年代:近世/形態:一紙/
  • 埼玉県立文書館収蔵 増田家文書399
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

瓦版

1.かわら版とは/2.象見世物その1/3.象見世物その2

4.象見世物その3/5.虎見世物その1/6.虎見世物その2

7.黒船来航その1/8.黒船来航その2

9.アメリカ・ロシア人1/10.アメリカ・ロシア人2

11.オランダ人と貿易その1/12.オランダ人と貿易その2

サイト内リンク

鯰絵

持丸たからの出船地震雷火事親父

引札

冬衣売出し広告御蒸菓子所広告御鼻紙袋・煙草粉入

はしか絵

はしか絵とは麻疹軽くする法麻疹養生心得方

麻疹養生之おしえ痘瘡麻疹水痘[養生法]

はしか童子退治図麻疹養生伝麻疹厄はらひ