くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 江戸時代の繋がりと地域社会

江戸時代の繋がりと地域社会その12

超個人主義果てに

超個人主義果てに

江戸時代の繋がりと地域社会-まとめにかえて

私は植物を見てよく思うのですが、桜でもタンポポでもアジサイでも銀杏でも、どこからどこまでが単体としての区切りなのだろうかと。

江戸時代の人々もまさにそんなふうに、「個」という概念はなく、「村」そのものに溶け込んで生きていました。

しかしそういった村共同体というものが何か息苦しい、縛られている感じがする。村の人々の力を借りなくても一人で生きていける生活を手にしたい。

明治以降、私達はその努力をずっとやってきたように思います。現代ではクリーニング屋ができ、コンビニができ、洗濯も食事も外にあるお店に任せてしまえば、無理に家庭を持たなくても一人で暮らせます。

そして極めつけはインターネットの登場。もはや家の外に出る必要もなくなって、欲しいモノをネットで注文すれば宅配便が自分の家まで届けてくれる。そんな暮らしを私達は手に入れました。

しかし個人主義を追求した結果、皮肉にも本当に一人ぼっちになって、いざという時に自分を助けてくれる人がいない。それが現代だと思います。

私達は一体何を間違えてしまったのでしょうか?これからの地域社会を考える上で今まで見てきた考察が何かヒントになれば幸いです。次回は江戸時代の若者や中高年についても取り上げていきたいと思います。どうぞお楽しみに!

  

江戸時代の繋がりと地域社会

1.はじめに/2.年貢の課せられ方/3.村の組織図

4.五人組の役割/5.男性家長の役割/6.地域で支え合う介護

7.老後の生活/8.父親中心の子育て/9.仮の親子関係

10.子供は村の子/11.子育てネットワーク/12.超個人主義の果てに

サイト内リンク

荻生徂徠・政談

1.荻生徂徠とは/2.政談とは/3.譜代と出替り奉公人/4.旅宿暮らしの武家

5.武家は田舎に居住すべし!/6.江戸の医者の特徴/7.城下町居住の理由

8.外様と譜代の違い/9.貧困問題について/10.歴史に学べ!

11.貧困を救う道/12.金で物を買う将軍/ 13.スピード社会・江戸

14.スピード重視の家/15.衣服の制度がない/16.上に立つ者の品格

17.代官とは/ 18.御徒・与力とは/19.人の器とは

女大学

1.女大学とは/2.歴史上の女性/3.近江八景と和歌

4.女性の手習い/5.洗濯、しわ伸ばし/6.お稽古事

7.裁縫の仕事/8.髪・化粧/9.子育て/10.身分格差

11.音楽活動/12.結納/13.結婚式/14.安産の秘訣1

15.安産の秘訣2/16.親の教え/17.娘を持つ親の心得

18.見た目より心