くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 引札暦

引札暦その4

大小とは

史料

引札暦_大小

※無断転載禁止

解読文(枠内)

一・丗一日(一日いぬ/辰十一月十四日、)、三(一日とり/正月十三)、五(一日いぬ/三月十六日)、七(一日い/五月十八日)、八(一日午/六月廿日)、十(一日ひつし/八月廿二日)、十二(一日さる/十月廿四日)

二・平廿八日(一日み/十二月十五日)、四・丗日(一日たつ/二月十五日)、六(一日み/四月十七日)、九(一日うし/七月廿一日)、十一(一日とら/九月廿三日)

現代語訳

大=31日の月

明治26
(太陽暦)
1/1 3/1 5/1 7/1 8/1 10/1 12/1
十二支
旧暦
(太陰暦)
11/14 1/13 3/16 5/18 6/20 8/22 10/24

小=28日、30日の月

明治26
(太陽暦)
2/1 4/30 6/1 9/1 11/1
十二支
旧暦
(太陰暦)
12/15 2/15 4/17 7/21 9/23

解説

大小とは

大小とは、大の月(31日)と小の月(28日、30日)のことです。

よって史料右側の大は一、三、五、七、八、十、十二の31日の月が、左側の小は二、四、六、九、十一の28日と30日の月が並んでいます。

旧暦と太陽暦の違い

旧暦(太陰暦)から現行の太陽暦の変更は明治六年に行われました。

旧暦の場合は、月の大小が年によって変わるのですが、現在私たちが使っている暦(太陽暦)は変わったりしません。よって太陽暦を採用している史料の暦が「大」と「小」に分けているのは、旧暦時代の名残です。

こちらの暦には旧暦で大小が記載されていますのでチェックしてみてください

なお、上記現代語訳を見ての通り、旧暦の日付は現行の太陽暦の日付の1か月~1か月半後に遅れてやって来ますが、干支十干十二支)は旧暦も太陽暦も同じであることを知識として覚えておくとよいです。

史料の見方

史料の大小の月の記述について、真ん中は月、右側は第1日目の干支、左側は第1日目の旧暦の日付を記しています。

例えば、一月は「一(丗一日・一日いぬ・辰十一月十四日、)」とあります。これは「1月は31日あり、第1日目の干支は戌(いぬ)で、第1日目は旧暦で辰(たつ)年の11月14日にあたる」という意味です。

二月は「二・平廿八日(一日み/十一月十五日)」とあります。これは「2月はふだん28日あり、第1日目の干支は巳で、第1日目は旧暦で11月15日にあたる」という意味です。

旧暦では第一日目は新月にあたるので、月の第一日目(朔日)には特別な意味がありました。よって太陽暦の第一日目が旧暦で何日かを知らせるより、旧暦の第一日目は太陽暦で何日かを知らせた方が当時の人にとって便利なのでは?と私はこの暦に対して思うんですよね。

  

史料情報

  • 表題:武州小川町紙荒物新井茂三郎[引札]
  • 年代:明治25/形態:一枚
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家4825
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

引札暦

1.引札暦とは/2.略暦とは/3.神武天皇即位紀元/4.大小とは/5.戦前の祝日

6.甲子、庚午とは/7.二十四節気と雑節/8. 日曜表/9.引札暦その2/10.三鏡宝珠形

11.歳徳神/12.金神/13.八将軍/14.干支のお祭り/15.八専/16.旧暦の大小

関連リンク

暦講座

1.陰陽五行説/2.十干/3.十二支/4.干支/5.八将神/6.金神/7.歳徳神/8.二十八宿/9.十二直

日付の解読

1.十干の解読/2.十二支の解読/3.閏月の解読

伊勢暦

1.伊勢暦とは/2.年号と干支/3.三鏡宝珠形/4.歳徳神/5.金神/6.八将軍/7.土公神

8.月の大小/9.月の干支/10.二十八宿と七曜/11.暦日の暦注/12.十二直