くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 引札暦

引札暦その10

引札暦その2 旧暦の暦注を極める

史料

引札暦_旧暦付

※無断転載禁止

解説

引札暦とはカレンダー付の昔の広告のことです。前ページまで新暦(太陽暦)の引札暦の解読をしてきました。ここからは伊勢暦のおさらいも兼ねて旧暦(太陰暦)の引札暦を解読していきたいと思います。

さて、一般の人が便利な事柄(行事や縁起のいい方角や季節の区分など)をピックアップした暦を略暦(りゃくれき)と言い、略暦に書かれた事柄を暦注(れきちゅう)と言います。

階層で表すと、暦>引札暦>略暦>暦注です。

当史料は黒の略暦の中に赤い略暦が入っていますが、黒い暦の部分が新暦、赤い暦の部分が旧暦の略暦に当たります。何故、新暦と旧暦の暦を一緒に掲載しているのでしょうか?

明治五年に政府は、旧暦から新暦(太陽暦)への改暦を発表しました。然しながら、私たちが旧暦に馴染みがないよう、当時の人々にとって新暦(太陽暦)は全く馴染みがありません。

生活に新暦が浸透するまでには相当時間がかかったはずです。というわけで、苦肉の策で、新暦と旧暦のダブルスタンダードの引札暦になってしまったのでしょう。

黒の新暦の部分は、前ページまでの新暦の引札暦と同じ明治二十六年のため、暦注もそれに伴う月日も一致しています。よって次ページから赤の旧暦の所、すなわち旧暦の暦注を一つ一つ見ていきましょう。

明治改暦の暦注と旧暦の暦注を違いを知ることにより、新暦と旧暦の理解がより深まると思います。

  

参考文献

岡田芳朗 、後藤晶男、伊東和彦、松井 吉昭『暦を知る事典 』(東京堂出版、2006年)

史料情報

  • 表題:小川稲荷町呉服太物類小島周太郎[引札]
  • 年代:明治25/形態:一枚
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家4827
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

引札暦

1.引札暦とは/2.略暦とは/3.神武天皇即位紀元/4.大小とは/5.戦前の祝日

6.甲子、庚午とは/7.二十四節気と雑節/8. 日曜表/9.引札暦その2/10.三鏡宝珠形

11.歳徳神/12.金神/13.八将軍/14.干支のお祭り/15.八専/16.旧暦の大小

関連リンク

暦講座

1.陰陽五行説/2.十干/3.十二支/4.干支/5.八将神/6.金神/7.歳徳神/8.二十八宿/9.十二直

日付の解読

1.十干の解読/2.十二支の解読/3.閏月の解読

伊勢暦

1.伊勢暦とは/2.年号と干支/3.三鏡宝珠形/4.歳徳神/5.金神/6.八将軍/7.土公神

8.月の大小/9.月の干支/10.二十八宿と七曜/11.暦日の暦注/12.十二直