くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 荻生徂徠・政談

荻生徂徠・政談その9

貧困問題について

管仲と孔子

いよいよここから、政談巻二に入っていきたいと思います。巻二で徂徠は江戸時代の貧困問題や経済問題について述べています。早速見てみましょう。

上から下まで困窮している江戸時代

「太平の世が久しく続く時は、だんだんに身分の上の者も下の者も困窮し、それによって国家の制度は乱れて最終的に乱が起こる。

日本と中国、古今ともに太平の世から乱世に移ることは、皆、世の困窮より出ることは、歴史を振り返り、照らし合わし考えてみても明らかである。

ゆえに国家を治めるには、まず富が豊かになること、これが回復の根本である。管仲(春秋時代、斉の賢相)が「衣食足りて、栄辱(名誉と恥辱)を知る。(『史記』管晏列伝)」と言い、孔子も「人民を富ませてから、そのあとに教える(『論語』子路)」と言っている。

暮らし向きが困窮して衣食に事欠けば、礼儀を嗜(たしな)む心がなくなる。下に礼儀がなければ、種々の悪事はこれより生じ、国が遂に乱れることは自然の道理なり。」

「所詮は皆、困窮により生ずる。国の困窮は、病人の元気が尽いたようなものだ。元気が尽けば死ぬこと必然の理なり。」

金を出せばいいってもんじゃない。

「困窮を救う道はどうすればと言うと、愚かな輩はただ上のお救いお救いばかり言って、金銀を賜ることをお救いと思っているけれど、御蔵の金をことごとく出払ってお救いなされても、また元のようになるだけだろう。されば幕府のお力だけではどうにもならない。」

…じゃあどうすんの?ということで次ページを見ていましょう!

  

政談の現代語訳について

当サイトの政談の現代語訳は、吉川 幸次郎, 丸山 真男, 西田 太一郎, 辻 達也 (著)『日本思想大系〈36〉荻生徂徠 (1973年) 』(岩波書店、1973年)をもとに当サイトの運営者が現代語訳しました。

その際、荻生 徂徠 (著), 尾藤 正英 (翻訳)『荻生徂徠「政談」 (講談社学術文庫) 』(講談社、2013年)も参考にさせていただきました。

荻生徂徠・政談

1.荻生徂徠とは/2.政談とは/3.譜代と出替り奉公人/4.旅宿暮らしの武家

5.武家は田舎に居住すべし!/6.江戸の医者の特徴/7.城下町居住の理由

8.外様と譜代の違い/9.貧困問題について/10.歴史に学べ!

11.貧困を救う道/ 12.金で物を買う将軍/13.スピード社会・江戸

14.スピード重視の家作り/15.衣服の制度がない/16.上に立つ者の品格

17.代官とは/18.御徒・与力とは/19.人の器とは

関連リンク

江戸時代の生活と文化

武士の俸禄の種類年貢米の納め方村のしくみ宿駅のしくみ

組合村小組合大組合

江戸時代の繋がりと地域社会

1.はじめに/2.年貢の課せられ方/3.村の組織図/4.五人組の役割

5.男性家長の役割/6.地域で支え合う介護/7.老後の生活

8.父親中心の子育て/9.仮の親子関係/10.子供は村の子

11.子育てネットワーク/12.超個人主義の果てに

女大学

1.女大学とは/2.歴史上の女性/3.近江八景と和歌

4.女性の手習い/5.洗濯、しわ伸ばし/6.お稽古事

7.裁縫の仕事/8.髪・化粧/9.子育て/10.身分格差

11.音楽活動/12.結納/13.結婚式/14.安産の秘訣1

15.安産の秘訣2/16.親の教え/17.娘を持つ親の心得

18.見た目より心