くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 荻生徂徠・政談

荻生徂徠・政談その5

武家は田舎に居住すべし!

武家が田舎へ住めばいいことだらけ

武家の江戸暮らしと田舎暮らし

徂徠は、「つまるところ、武家が田舎にいないと、関八州が明地(あきち)のようになるから、(強盗などの)悪類も多く、関八州の地より出て、遠国へも悪さする。」と政談(巻一)で述べています。

そんな背景もあり、武家を田舎に住まわせることを将軍・吉宗に提案する徂徠。武家が田舎に住むと他にはどんなメリットがあるのでしょうか?以下に詳しく見て行きましょう。

第一衣食住に費用がかからない!

「武家が田舎に居住すれば、第一衣食住に費用がかからないゆえ、武家の人々の家計が立ち直るだろう。

総じて贅沢は家内より起こる。武家の妻と娘が御城下に住む時は、次第に奢(おご)って、身がなまって病人になるから、そのお腹にいる子は柔弱にて、今は何の御用にも立たないようになった。

これが田舎に住めば、自ら機(はた)等を織って体を動かし、奢りも薄く、身も強くなり、武家の妻と娘にふさわしくなるだろう。

男も野広く、あちこち駆け歩いて、手足も丈夫になるだろう。親類・知り合いの所へ話に歩いて、用事があれば五里も十里も常に往来して、馬乗りも自分の力で達者になるはずだ。」

百姓とも仲良くなれる!

「その上また、武家が田舎に住めば、田地の様子は河川の治水工事等のことも見て習い、聞いて習うから、御役を仰せ付けられて、(農村行政を司る)地方(じかた)代官になっても、江戸育ちの代官どもが手代(代官の下で農政の庶務を担当する者)任せにすることとは雲泥の違いであろう。」

百姓

「現在は、自分は江戸にあって知行所が遠方だから、馴染みもなく、恩義も貫かれず、ただ百姓から年貢を取るものと覚え、百姓はまた年貢を収めるものとばかりだと覚えて、ただ取ろう、取られるものか、の心ばかりで、百姓に非道をする武士たちもある。

しかし日常に近所で見なれ聞きなれしている百姓であれば、愛憐の心も自然と生じ、どのような人であっても百姓をそのようにむごくはしないこと、これまた人の情である。

武家を知行所に差し置くこと、かくのごとく徳があって、はなはだ宜しきことなり。」

  

政談の現代語訳について

当サイトの政談の現代語訳は、吉川 幸次郎, 丸山 真男, 西田 太一郎, 辻 達也 (著)『日本思想大系〈36〉荻生徂徠 (1973年) 』(岩波書店、1973年)をもとに当サイトの運営者が現代語訳しました。

その際、荻生 徂徠 (著), 尾藤 正英 (翻訳)『荻生徂徠「政談」 (講談社学術文庫) 』(講談社、2013年)も参考にさせていただきました。

荻生徂徠・政談

1.荻生徂徠とは/2.政談とは/3.譜代と出替り奉公人/4.旅宿暮らしの武家

5.武家は田舎に居住すべし!/6.江戸の医者の特徴/7.城下町居住の理由

8.外様と譜代の違い/9.貧困問題について/10.歴史に学べ!

11.貧困を救う道/ 12.金で物を買う将軍/13.スピード社会・江戸

14.スピード重視の家作り/15.衣服の制度がない/16.上に立つ者の品格

17.代官とは/18.御徒・与力とは/19.人の器とは

関連リンク

江戸時代の生活と文化

武士の俸禄の種類年貢米の納め方村のしくみ宿駅のしくみ

組合村小組合大組合

江戸時代の繋がりと地域社会

1.はじめに/2.年貢の課せられ方/3.村の組織図/4.五人組の役割

5.男性家長の役割/6.地域で支え合う介護/7.老後の生活

8.父親中心の子育て/9.仮の親子関係/10.子供は村の子

11.子育てネットワーク/12.超個人主義の果てに

女大学

1.女大学とは/2.歴史上の女性/3.近江八景と和歌

4.女性の手習い/5.洗濯、しわ伸ばし/6.お稽古事

7.裁縫の仕事/8.髪・化粧/9.子育て/10.身分格差

11.音楽活動/12.結納/13.結婚式/14.安産の秘訣1

15.安産の秘訣2/16.親の教え/17.娘を持つ親の心得

18.見た目より心