くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 引札暦

伊勢暦その9

月の干支

史料

伊勢暦_月建記事

※無断転載禁止

解読文

文久二年壬戌・月建記事(青枠)上段

正月 大 建壬寅

二月 小 建癸卯

三月 大 建甲辰

下段は次ページ>>

読み下し文

正月(しょうがつ) 大(だい) 壬寅(みずのえとら)を建(おさ)ず/二月 小(しょう) 癸卯(みずのとう)を建ず/三月 大 甲辰(きのえたつ)を建ず

現代語訳

正月は大(三〇日)の月、干支は壬寅。二月は小(二九日)の月、干支は癸卯。三月は大の月、干支は甲辰。

月の干支の決まり方

十干

年の十干 正月の十干 翌月~十二月の十干
甲己 →以下、十干の順序
乙庚
丙辛
丁壬
戊癸

十二支

月の十二支は、十二支早わかり表の通り、正月は寅、二月は卯、三月は辰、四月は巳、五月は午、六月は未、七月は申、八月は酉、九月は戌、一〇月は亥、一一月は子、一二月は午と固定。

解説

月建(げっけん)記事とは、史料青枠の毎月の月初めの記載部分です。ここにはその月の干支二十八宿と七曜の情報が記されています。まず月建記事の上段を見てみましょう。

正月の上段を見てみると「正月 大 建壬寅」とあり、これは月は大(三〇日)の月干支は壬寅(みずのえとら)という意味です。月の干支は上の表のように定まります。

史料は文久二年壬寅(みずのえとら)の暦なので、年の十干(じっかん)は壬です。上の表の壬の所をみると、正月の十干は壬とあり、史料と一致しています。以下、二月・癸、三月・甲、四月・乙と、十干の順序に従います。月の十二支は十二支早わかり表の通りで、年によって変化することはありません。

  

参考文献

  • 岡田芳朗 、後藤晶男、伊東和彦、松井 吉昭『暦を知る事典 』(東京堂出版、2006年)

史料情報

  • 表題:伊勢暦 天保壬寅元暦 文久2年
  • 宛所:山口右兵衛/年代:文久2(1862)/形態:折本
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家4031
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

伊勢暦

1.伊勢暦とは/2.年号と干支/3.三鏡宝珠形/4.歳徳神/5.金神/6.八将軍/7.土公神

8.月の大小/9.月の干支/10.二十八宿と七曜/11.暦日の暦注/12.十二直

関連リンク

暦講座

1.陰陽五行説/2.十干/3.十二支/4.干支/5.八将神/6.金神/7.歳徳神/8.二十八宿/9.十二直

日付の解読

1.十干の解読/2.十二支の解読/3.閏月の解読

引札暦

1.引札暦とは/2.略暦とは/3.神武天皇即位紀元/4.大小とは/5.戦前の祝日

6.甲子、庚午とは/7.二十四節気と雑節/8. 日曜表/9.引札暦その2/10.三鏡宝珠形

11.歳徳神/12.金神/13.八将軍/14.干支のお祭り/15.八専/16.旧暦の大小