くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 引札暦

伊勢暦その11

暦日の暦注

史料

伊勢暦_正月一日~三日の暦注

※無断転載禁止

解読文

文久二年壬戌・正月一日~三日(青枠)

一日 きのえさるあゆふむ/水/吉書始十方くれニ入/はかため、くらひらき、ひめはしめ、きそはしめ、ゆとのはしめ こしのりそめ万よし

二日 きのとのとりなる/水//●

三日 にほえいぬおさむ/土/馬のりそめ、ふねのりそめ、弓はしめ、あきなひはしめ、すきそめ万よし

現代語訳

一月一日の干支は甲申(きのえさる)、十二直は危(あゆふむ)、納音の五行は水。書始(ふみはじめ)は吉。十方暮(じっぽうぐれ)に入る。

歯固(はかため)、蔵開(くらひき)、姫始(ひめはしめ)、着衣始(きそはしめ)、湯殿始(ゆとのはしめ)、輿の乗初(こしのりそめ)は吉。

二日の干支は乙酉(きのとのとり)、十二直は成(なる)、納音の五行は水。黒日(くろび・万事に凶)。

三日の干支は丙戌(にほえいぬ)、十二直は収(おさむ)、納音の五行は土。馬の乗初(のりそめ)、船の乗初、弓始め、商い始め、鋤初(すきそめ)は吉。

解説

月建記事の次の行から暦日(れきじつ)の暦注(れきちゅう)の記載が始まります。暦日とは暦の上での一日、暦注とは暦に記載される日時・方角の吉凶禍福、禁忌等に関する事項です。

史料の通り、小さい字でびっしり書かれてギョっとされると思いますが、これが江戸時代の暦本(れきほん・暦に関する書物)のスタンダードです。

全体は史料のように四段に分かれ、一段目は日付とその日の干支と十二直(じゅうにちょく)、二段目は納音の五行、三段目は「吉書始」(正月一日)とか「八せんのはしめ」(史料では正月末日)などと記されます。

四行目は、吉事注が仮名で記されています。史料では所々に●が散見されます。これは受死日(じゅしび)のことで、●で示すところから俗に黒日(くろび)と言います。最高の悪日で葬送以外は何もしてはいけないとされています。

さて、史料は文久二年の暦なので、正月一日といっても今で言うところの旧正月であり、現行暦でいうと二月初旬前後になります。あくまで旧暦(陰暦)の日付であることにご注意ください。

  

参考文献

  • 岡田芳朗 、後藤晶男、伊東和彦、松井 吉昭『暦を知る事典 』(東京堂出版、2006年)

史料情報

  • 表題:伊勢暦 天保壬寅元暦 文久2年
  • 宛所:山口右兵衛/年代:文久2(1862)/形態:折本
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家4031
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

伊勢暦

1.伊勢暦とは/2.年号と干支/3.三鏡宝珠形/4.歳徳神/5.金神/6.八将軍/7.土公神

8.月の大小/9.月の干支/10.二十八宿と七曜/11.暦日の暦注/12.十二直

関連リンク

暦講座

1.陰陽五行説/2.十干/3.十二支/4.干支/5.八将神/6.金神/7.歳徳神/8.二十八宿/9.十二直

日付の解読

1.十干の解読/2.十二支の解読/3.閏月の解読

引札暦

1.引札暦とは/2.略暦とは/3.神武天皇即位紀元/4.大小とは/5.戦前の祝日

6.甲子、庚午とは/7.二十四節気と雑節/8. 日曜表/9.引札暦その2/10.三鏡宝珠形

11.歳徳神/12.金神/13.八将軍/14.干支のお祭り/15.八専/16.旧暦の大小