くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 引札暦

引札暦その3

神武天皇即位紀元とは

史料

引札暦その2

※無断転載禁止

解読文(枠内)

神武天皇即位紀元 二千五百五十三年

解説

史料の略暦右側には大きく「神武天皇即位紀元」と記されています。これは一体何でしょうか?

明治五年、政府は旧暦から太陽暦への改暦を発表し、その六日後、明治五年十二月十五日に太政官布告第三百四十二号をもって、神武天皇即位紀元を制定しました。

これにより、神武天皇などとこれまで聞いたこともない天子様の名が、このようにして初めて全国民の耳に入りました。

神武天皇(じんむてんのう)は、記紀にみえる伝説上の初代天皇です。近代天皇制国家では、天皇制の源流を神武天皇に求め、神武即位の日である二月十一日を紀元節(きげんせつ)と定め、これを祭日としました。

この紀元節は戦後、昭和二十三年に廃止されましたが、再び昭和四十一年、建国記念日にとして復活しました。

さて、神武天皇は前660年に即位したと言われています。史料は明治26年、すなわち西暦1893年の暦なので、660+1893=2,553、よって史料に記されているように神武天皇即位紀元は二千五百五十三年となります。

ちなみに神武天皇即位紀元の年数が四で割り切れる年が閏年になります。

  

参考文献

岡田芳朗『明治改暦―「時」の文明開化 』(大修館書店 、1994年)

史料情報

  • 表題:武州小川町紙荒物新井茂三郎[引札]
  • 年代:明治25/形態:一枚
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家4825
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

引札暦

1.引札暦とは/2.略暦とは/3.神武天皇即位紀元/4.大小とは/5.戦前の祝日

6.甲子、庚午とは/7.二十四節気と雑節/8. 日曜表/9.引札暦その2/10.三鏡宝珠形

11.歳徳神/12.金神/13.八将軍/14.干支のお祭り/15.八専/16.旧暦の大小

関連リンク

暦講座

1.陰陽五行説/2.十干/3.十二支/4.干支/5.八将神/6.金神/7.歳徳神/8.二十八宿/9.十二直

日付の解読

1.十干の解読/2.十二支の解読/3.閏月の解読

伊勢暦

1.伊勢暦とは/2.年号と干支/3.三鏡宝珠形/4.歳徳神/5.金神/6.八将軍/7.土公神

8.月の大小/9.月の干支/10.二十八宿と七曜/11.暦日の暦注/12.十二直