くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 身近なくずし字

身近なくずし字その2

のしにあったくずし字

読めるかな?

のし

これは、みなさんが日常的に使う、とても身近なあるモノです。ひとつひとつ、解読していきましょう。

お

「御」です。「お」と読みます。御の基本的なくずし方です。

た

変体仮名の「た」で、漢字の「多」をくずした文字です。現在私たちが使っている平仮名の「た」は「太」をくずした文字です。

を

変体仮名の「を」で、漢字の「越」をくずした文字です。現在私たちが使っている平仮名の「を」は「遠」をくずした文字です。

る

平仮名の「る」です。漢字の「留」をくずした文字です。これで全部読めました。それでは全体像の公開です!

のし

答え「御たをる」

つまり「おタオル」です。

粗品でもらったタオルについていた、のしです。くずし字で丁寧に見ていくと「御たる」になっていることがわかります。

  

身近なくずし字

1.わりばしその1/2.のし/3.わりばしその2/4.日本酒/5.贈答品/6.お寺のお札

和菓子:7.ロゴその1/8.ロゴその2/9.ロゴその3/10.品名その1/11.品名その2

関連リンク

看板・扁額

1.鎌倉編その1 /2.鎌倉編その2/3.鎌倉編その3/4.川越編/5.昭和レトロ館

6.お寺の額(扁額)その1/7.お寺の額その2/8.御詠歌/9.江戸時代の女性の名前

古文書概論

1.古文書(こもんじょ)とは/2.古文書の特徴/3.文字の種類/4.文字の書き方の歴史

5.江戸時代の古文書の種類/6.最初に覚えること/7.くずし字の覚え方/8.学習方法その1

8.学習方法その2/9.古文書の魅力/10.古文書資格取得/11.古文書を読む猫/12.古文書判定

異体字一覧

1.異体字とは/2.異体字を覚えよう/3.異体字一覧その1/4.一覧その2/5.一覧その3