くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 古文書概要

古文書概論その8

古文書の学習方法その1

古文書の学習方法

古文書はくずし字だけ覚えても駄目?

古文書の多くは現在使われていないくずし字で書かれているので、せっせとくずし字を覚えなければならないのですが、くずし字だけ覚えても残念ながら古文書を理解することができません。

江戸時代に使われていた言葉――助郷(すけごう)、人足(にんそく)、高直(こうじき)など、現在使われていない言葉が古文書にはたくさんあるので、これらの意味も一つ一つ覚えなければなりません。

また、その文書が書かれた時代背景、つまりマクロの視点を持って、江戸時代の暮らしと文化、幕府の政治、社会システム等も頭の中に入れておかねばなりません。

古文書の学習というと、くずし字が難しすぎて私の経験から言っても、くずし字の解読に集中しがちです。しかし本当の意味で江戸時代の古文書を理解するには、くずし字、言葉の意味の理解、江戸時代の暮らしと文化、この3つをバランスよく学習することが大切です。

そんな、大変すぎる!マジで大変です(笑)。しかしだからやる価値があるのです。

  

古文書概論

1.古文書(こもんじょ)とは/2.古文書の特徴/3.文字の種類/4.文字の書き方の歴史

5.江戸時代の古文書の種類/6.最初に覚えること/7.くずし字の覚え方/8.学習方法その1

8.学習方法その2/9.古文書の魅力/10.古文書資格取得/11.古文書を読む猫/12.古文書判定

関連リンク

身近なくずし字

1.わりばしその1/2.のし/3.わりばしその2/4.日本酒/5.贈答品

6.お寺のお札/7.和菓子屋さんのロゴその1/8.和菓子屋さんのロゴその2

9.和菓子屋さんのロゴその3/10.和菓子その1/11.和菓子その2

看板・扁額

1.鎌倉編その1 /2.鎌倉編その2/3.鎌倉編その3/4.川越編/5.昭和レトロ館

6.お寺の額(扁額)その1/7.お寺の額その2/8.御詠歌/9.江戸時代の女性の名前

異体字一覧

1.異体字とは/2.異体字を覚えよう/3.異体字一覧その1

4.異体字一覧その2/5.異体字一覧その3