くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 村明細帳

村入用帳その5

勧化・旅僧・座頭など

史料

村入用帳_勧化・旅僧・座頭

※無断転載禁止

解読文

⑦ 銭弐貫文 御年貢并村入用勘定之節立合人水夫其外入用

⑧ 銭三貫六百文 年中諸勧化ニ差出申候

⑨ 銭四百八拾四文 旅僧座頭ニ遣申候

⑩ 銀五拾弐匁六分四り 年中御取締御用ニ付諸入用

現代語訳

⑦ 銭2貫文(現在で約24,000円)は、年貢ならび村入用(村の運営に必要とする費用)勘定の折に立会人・水夫(かこ・船乗り、船員で船荷の積み下ろしなどに従事。)その他費用です。

⑧ 銭3貫600文(現在で約43,200円)は、一年間で諸勧化(かんげ・寺社の修復・造営の為に行われた募金活動)に差し出しました。

⑨ 銭484文(現在で約5,808円)は、旅僧・座頭にお支払いしました。

⑩ 銀52匁6分4厘(現在で約65,800円)は、一年間で御用取締り(監視・監督)の為の費用です。

解説

年貢を納める諸経費

⑦について幕府に年貢を納めるには、船で浅草の米蔵まで運ぶ必要があり、また浅草の米蔵納入時は代官が蔵奉行の仕方を立ち会い見届ける義務などもありました。詳しくは年貢の納め方をご参照ください。

勧化・旅僧・座頭

⑧⑨について、村の外から瞽女(ごぜ)のほかに、勧化・旅僧・座頭などもやって来てお金を求めに来ました。座頭は僧形の盲人で琵琶・三味線などを弾いて語り物を語り、また、あんま・はり・金融などを業としました。

座頭は盲人四官で公の身分を振りかざすこともあり、また村の人々も公の身分の人に対して無下にはできませんから割り切ってお金を渡します。

セキュリティ

⑩について、上記の通り瞽女・勧化・旅僧・座頭など怪しい人々が村を行き交うこともあり、当然、セキュリティ=御用取締りにもお金をそれなりにかけているのが史料から読み取れます。

  

史料情報

  • 小平市立図書館所蔵 當間家文書『去戌年村入用帳』(D-5-38)文久三年
  • 当サイトは小平市立図書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

村入用帳

1.村入用帳とは/2. 表紙/3.名主給と定使給/4.通信費・光熱費など

5.勧化・旅僧・座頭など/6.御用の為の交通費/7.合計額を算出してみよう!

8.相違無御座候/9.差出人・村の人々の名前/10.宛名と返信

関連リンク

江戸時代の貨幣

江戸時代の貨幣金貨の換算銀貨の換算銭貨の換算

数字の解読

日付の解読貨幣の解読面積・量の解読

村明細帳

1.村明細帳とは/2.大岡越前御検地/3.用水、小物成、家数

4.鷹場、御林、水車/5.圦樋、城跡、御巣鷹山