くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 引札暦

引札暦その8

日曜表

史料

引札暦_日曜表

※無断転載禁止

明治時代に定められた日曜日

史料の赤い枠内には「日よう表」とあり、何のことだろう?と私ははじめ、暫く首を傾けていたのですが、単に月ごとに日曜日の日付を記していることに気付きました。

旧暦(太陰暦)から現行の太陽暦への改暦は明治六年に施行され、日曜日休暇の週日制は、明治九年三月十二日の太政官達二十七号で発令されました。またこの発令の中で、土曜日は正午十二時より休暇、半日休みとされました。

史料の日よう表では、一月なら一月八日、十五日、廿二日、廿九日と日曜日の日付が7日置きに記されいることが確認できます。それにしても全体的なバランスからいって日よう表、デカイなと。サンデーこそいつの時代も一番大事?

この暦の発行者

さて、この暦の解読の最後に発行者を見てみましょう。史料の青い枠の中には「明治廿五年十一月/日印出版/下谷区スキヤ丁十二バンチ/印刷兼発行者・横山良八」と記されています。

左記住所を漢字で表記すると下谷区数寄屋町12番地となり、これは現在の台東区上野に当たります。

  

参考文献

広瀬秀雄『暦 (日本史小百科) 』(東京堂出版、〔新装版〕版 1993年)

史料情報

  • 表題:武州小川町紙荒物新井茂三郎[引札]
  • 年代:明治25/形態:一枚
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家4825
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

引札暦

1.引札暦とは/2.略暦とは/3.神武天皇即位紀元/4.大小とは/5.戦前の祝日

6.甲子、庚午とは/7.二十四節気と雑節/8. 日曜表/9.引札暦その2/10.三鏡宝珠形

11.歳徳神/12.金神/13.八将軍/14.干支のお祭り/15.八専/16.旧暦の大小

関連リンク

暦講座

1.陰陽五行説/2.十干/3.十二支/4.干支/5.八将神/6.金神/7.歳徳神/8.二十八宿/9.十二直

日付の解読

1.十干の解読/2.十二支の解読/3.閏月の解読

伊勢暦

1.伊勢暦とは/2.年号と干支/3.三鏡宝珠形/4.歳徳神/5.金神/6.八将軍/7.土公神

8.月の大小/9.月の干支/10.二十八宿と七曜/11.暦日の暦注/12.十二直