くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 証文・手形

証文・手形など

質地証文1-2 解説

史料

質地証文

※無断転載禁止

解説

時代背景

質地とは、借金を担保として質入れした土地のことです。

江戸時代は無年季的質地請戻し(むねんきてき しっちうけもどし)慣行といって、期限が過ぎても請戻しせず質流れになった土地でも、それから何年経過しようが元金を返済すれば請け戻せるという慣行が広く存在していました。

中小の百姓は経営が不安定だったので、土地を質に入れ借金をする必要に迫られることがよくありました。また期限内に借金を返済できない場合もよくありました。土地を質に取って金を貸す方は困ってしまいますが、無年季的質地請戻し慣行は、中小の百姓を保護する役割が大きいものでした。

これには村の土地は村のものであり、個々の百姓の土地所有権は村によって保証・規制されていたという事情がありました。そもそも年貢というのは、個々の百姓に課せられるのではなく、村全体に課せられるので、好き勝手に田畑を売買、ましては他村に譲り渡すなどはあってはならないことです。

田畑の所有の移動は、当然年貢収納に直接関係するため、質地証文には名主の確認と保証が必要とされました。

質地証文の書式

  1. 表題(質地証文之事など)
  2. 宛名の百姓○○さんが質に入れる田畑の面積、所在。
  3. 宛名の百姓○○さんが上記田畑を質に入れて借り入れた金額。
  4. 本文:a 質入れの理由(年貢の未進など)/b 質入れ期間/c 借入金返済時の約束/d 年貢諸役を果たすようお願い/e 連帯保証人(加判人)の責任保障
  5. 年月日
  6. 差出人(畑を譲り受けた人)・名主、五人組等保証人の連判
  7. 宛名(畑を手放す百姓○○さん)

以上、時代背景と質地証文の書式を頭に入れて再度解読に挑戦してみると、だいぶ解読しやすくなるかと思います。初学者の人は果敢にチャレンジしてもいいですし、中級者以上でないと難しいのですっ飛ばしてもいいです。

  

史料情報

  • 表題:質地証文之事(下畑・荒山、壱反壱畝十五歩)
  • 年代:天保11庚子.11./出所:名主源兵衛外1名/宛所:たよ
  • 埼玉県立文書館所蔵 飯島家397
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

参考資料

渡辺尚志『百姓たちの江戸時代 (ちくまプリマー新書)』(筑摩書房、2009年)

北原進『独習 江戸時代の古文書』(雄山閣、2002年)

証文・手形など

1.男手形 解読文,2.解説/3.女手形/4.離縁状 解読文,5.解説/6.人別送り状その1/7.人別送り状その2

8.奉公人請状1-1 解読文,9.1-2解説/10.奉公人請状2-1,11.2-2,12.2-3/13.金子証文

14.質地証文 解読文,15.解説/16.急廻状請取り

サイト内リンク

百姓往来

1.百姓往来とは/2.仁徳天皇の仁政/3.孝(こう)/4.弟(てい)/5.忠(ちゅう)

6.信(しん)/7.耕作の道具/8.年貢の納め方、助郷

江戸時代の繋がりと地域社会

1.はじめに/2.年貢の課せられ方/3.村の組織図

4.五人組の役割/5.男性家長の役割/6.地域で支え合う介護

7.老後の生活/8.父親中心の子育て/9.仮の親子関係

10.子供は村の子/11.子育てネットワーク/12.超個人主義の果てに