くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 荻生徂徠・政談

荻生徂徠・政談その13

スピード社会・江戸

スピード社会・江戸

江戸時代の都市・江戸も現代と同じようにスピード社会でした。徂徠の政談から、都市・江戸の様子のせわしない様子を見ていきましょう。

早朝出勤する人間

「間に合わせるというのは、上の人の我儘に機嫌を合わせることなので、下の者はただ騒ぎ立て、走り廻るのをとりなしがいいとして、何もかもがせわしない状況である。

これより一切の号令等のたぐいまで、皆、下への思いやりなく、たちまちの内に下知の通りにするのを奉公としていることは、役人・奉行の風俗である。

例えば、朝10時に出勤せよと命じられると、朝9時に到着する。道の遠近を知らず、事がゆったり、急ぎである、の考えを巡らすことがないのでこの様になる。」

何故せわしないのか

「昔の武士は、兼ねて心がけがよく、このような急なことがあっても、手づまりがないように考えを巡らせて支度して置くが、今時の武家は前もって支度することは思いもよらず、不思議に間に合うことは、前述のように江戸が自由便利なので、金さえあればどのような火急なこともみな間に合うからである。

その火急のことに乗じて利益を得ようと商人どもは、にわかに物の値段を高くすけれど、客はとにかく間に合わせなければならないので、値段の交渉の高下にも構わず買い調えて間に合わせる。

これは今の武家の風俗となって、このように急なことでなくても、何事にも兼ねて心がけて支度するということはない。」

必要なものは直前に急いで買う

「例えば、出かけるので衣服を調べてみると、袴のくくりに緒がない、刀を腰にくくりつける皮ひもが切れたと、急に奉公人を走らせ町で買うので、高い値段で買って来てもとんちゃくなく、間に合って悦ぶ。」

「間に合わなければ主人は殊の外、不機嫌になるので、女房は用人などに相談して、質を置いて間に合わせ、主人に知らせない。

主人は、知っても仕方がないので知らなかったことにしておく。質に入れた品が急に必要な時は、狼狽して他の物と取替えるので、高利となって、一度質を入れると十中八九、始終この困った事態から免れない。」

  

政談の現代語訳について

当サイトの政談の現代語訳は、吉川 幸次郎, 丸山 真男, 西田 太一郎, 辻 達也 (著)『日本思想大系〈36〉荻生徂徠 (1973年) 』(岩波書店、1973年)をもとに当サイトの運営者が現代語訳しました。

その際、荻生 徂徠 (著), 尾藤 正英 (翻訳)『荻生徂徠「政談」 (講談社学術文庫) 』(講談社、2013年)も参考にさせていただきました。

荻生徂徠・政談

1.荻生徂徠とは/2.政談とは/3.譜代と出替り奉公人/4.旅宿暮らしの武家

5.武家は田舎に居住すべし!/6.江戸の医者の特徴/7.城下町居住の理由

8.外様と譜代の違い/9.貧困問題について/10.歴史に学べ!

11.貧困を救う道/ 12.金で物を買う将軍/13.スピード社会・江戸

14.スピード重視の家作り/15.衣服の制度がない/16.上に立つ者の品格

17.代官とは/18.御徒・与力とは/19.人の器とは

関連リンク

江戸時代の生活と文化

武士の俸禄の種類年貢米の納め方村のしくみ宿駅のしくみ

組合村小組合大組合

江戸時代の繋がりと地域社会

1.はじめに/2.年貢の課せられ方/3.村の組織図/4.五人組の役割

5.男性家長の役割/6.地域で支え合う介護/7.老後の生活

8.父親中心の子育て/9.仮の親子関係/10.子供は村の子

11.子育てネットワーク/12.超個人主義の果てに

女大学

1.女大学とは/2.歴史上の女性/3.近江八景と和歌

4.女性の手習い/5.洗濯、しわ伸ばし/6.お稽古事

7.裁縫の仕事/8.髪・化粧/9.子育て/10.身分格差

11.音楽活動/12.結納/13.結婚式/14.安産の秘訣1

15.安産の秘訣2/16.親の教え/17.娘を持つ親の心得

18.見た目より心