くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 浮世絵
  3. 植学啓原

植学啓原その2

根、球根など

史料

植学啓原_根、球根など

※無断転載禁止

解説(右ページ・第一図)

鬚根

鬚根とは「ひげね」と読み、単子葉植物で、発芽後に主根が退化したのちに茎の下部から多数ひげ状に生える不定根です。

索里達(ソリダ)

索里達(ソリダ)とは何か解明できませんでした。植物学用語に当てはまるものが見当たりません。図版は玉ねぎカ

直根 [第一図]

直根とは「ちょっこん」と読み、側根が小さく、主根が大きくて垂直に伸びている根。ニンジン・ダイコンなど。

解説(左ページ・第二図)

塊根

塊根とはかいこんと読み、養分を蓄えて肥大し、塊状になった根。サツマイモ・ダリアなどの芋。

鱗根(百合)

鱗根とは鱗茎(りんけい)のことで、地下茎の一つ。タマネギ・ユリ・チューリップなど。園芸では球根と言います。図版では百合(ユリ)の鱗根を取り上げています[註1]。

襲根(月下香)

襲根とは上記鱗根と同じ意味です。月下香とはゲッカコウと読み、一般的にはチューベローズと呼ばれる白い花です。

  

補註

註1:チューベローズとは 参照

史料情報

  • 表題:植学啓原 3巻合綴
  • 年代:天保5(1834)/出所:宇田川榕庵著/宛所:菩薩樓蔵版/形態:竪帳
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家文書3954
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

植学啓原

1.植学啓原とは/2.根と球根/3.茎の断面図

4.コケ、キノコ/5.ツクバネなど/6.禾本など

7.牛時花、ハイビスカスなど/8.第十三図~第二十図

浮世絵

錦絵

頼朝上洛図子供あにひ纏固図小和漢獣物大合戦之図百器夜行

はしか絵

1.はしか絵とは/2.麻疹軽くする法/3.麻疹養生心得方

4.麻疹養生之おしえ/5.痘瘡麻疹水痘[養生法]

6.はしか童子退治図/7.麻疹養生伝/8.麻疹厄はらひ

鯰絵

持丸たからの出船地震雷火事親父

安政見聞誌

1.安政見聞誌とは/2.地震発生直後の京橋

3.大炎上する深川/4.生きた心地なし/5.吉原の仮宅

6.臨時の遊郭/7.被災した人々/8.倒壊した家々その1

9.倒壊した家々その2/10.供養する寺院

11.国周画・柳島之図/12.立ち並ぶ仮屋/13.余震記録