くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 証文・手形

証文・手形など

通行手形(男手形その2)

史料

通行手形

※無断転載禁止

解読のヒント

>>前ページ(解読文・概要)からの続き

1.表題

表題は「差上申一札之事」。読み下し文は「差上げ申す一札の事」。これを直訳すると「一通の文書を提出して申し上げます」。これだけで通行手形だとわかった人はアブナイですよ?

何故意味のない表題を付けるのか。不便だと思いませんか?

私は長い間、これは慣習だと思っていたのですが、先日ふと気付きました。自分が関所の役人だとして、田舎から遥々やって来た人々が目の前の自分に直接出す文書。それは通行手形に決まってるんです。

つまり、文書だけで物事進む時代と、文書+コミュニケーションが必要な時代の違いなのではないかと。

江戸時代は勿論メールがありませんし、郵便(飛脚)なんて村の人は使いません。文書を渡す時は、直接本人に手渡しが基本。そこで文書を読む前にある程度用件を「聴け」(笑)ちゃう。

よって表題に意味がなくても別段支障がなかったのだと推測されます。

2.数字の上に押印

二行目「男五人」の五の上に印鑑が押してありますが、これは数字の改ざん防止です。

3.欠字・闕字(けつじ)

四行目の「関所」と「遊」の上には余白があります。古文書では、天皇・貴人に関係した称号や言葉の上に敬意を表す為に、一字または二字分の余白をあけることがあります。これを欠字・闕字(けつじ)と言います。

4.用語

「候間」(そうろうだいだ)は、"~ので"の意味で超頻出用語なので理屈抜きで覚えてください。

「御通被 遊可被下候」は、"お通しなされてください"の意味で、非常に難しいですが古文書(証文類)においてよく出てくるフレーズなので、これも是非理屈抜きで覚えてください。

「依而如件」(よってくだんのごとし)は、古文書(証文類)の文章を結ぶ際の決まり文句で、上記に見た表題のように特に意味はありません。

  

史料情報

  • 表題:差上申一札之事(箱根関男五人御通行ニ付)
  • 年代:嘉永 4亥.極.19/出所:名主・平重郎/宛名:箱根関所役人衆中
  • 埼玉県立文書館所蔵 飯島家549
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

証文・手形

通行手形

1.男手形その1/2.男手形その2/3.女手形

三行半

4.離縁状その1/5.離縁状その2

村絵図

6.全体図/7.右側解読/8.左側解読

サイト内リンク

百姓往来

1.百姓往来とは/2.仁徳天皇の仁政

3.孝(こう)/4.弟(てい)/5.忠(ちゅう)

6.信(しん)/7.耕作の道具/8.年貢の納め方、助郷

江戸時代の繋がりと地域社会

1.はじめに/2.年貢の課せられ方/3.村の組織図

4.五人組の役割/5.男性家長の役割/6.地域で支え合う介護

7.老後の生活/8.父親中心の子育て/9.仮の親子関係

10.子供は村の子/11.子育てネットワーク/12.超個人主義の果てに