くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 村明細帳

吉田市右衛門その1

吉田市右衛門とは

史料 表紙

吉田市右衛門_記録二表紙 

※無断転載禁止

幡羅郡

吉田市右衛門とは

吉田家は江戸時代、武蔵国幡羅(はら)郡下奈良村(現・埼玉県熊谷市)の名主家です。

初代・市右衛門が下奈良村に土地を得て、二代・助左衛門は酒造りを始めて造った酒は江戸に送って販売。

三代・市右衛門の代には、江戸の一等地である日本橋や京橋を中心に十一か所土地を保持。そこを人に貸して地代や店賃(賃借料)収入を得ていました。

これにより同家は下奈良(しもなら)村では名主、江戸では町人という二つの顔を持っていました。

さて下奈良村は、天領(幕府領)で利根川と荒川に挟まれた所にあり、天明の大飢饉(浅間山噴火)以後、村人の生活は困窮していました。かといって幕府が積極的に対策を打ってくれるわけでもありません。

ここで江戸の金融活動や酒や米の販売で多額の資金を得た三代・市右衛門が立ち上がります。然しながら、これら資金を直接、村に寄付するなんて芸のないことしません。

え、どういうこと!?ということで、詳しくは史料を読んでからのお楽しみ。くずし字がひたすら並んだ見た目は非常に地味な史料ですが、書いている内容は抜群に面白い、感動巨編になっています。

吉田家の中でもとりわけ三代目・市右衛門宗敏(むねとし)は、熊谷の地元のヒーローという枠を超えて、江戸時代の農村史の研究者(それ自体僅少ですが)の間では割と知られた人物です。

三代・市右衛門のしたたかさと優しさ、そして志を、史料から是非読み取ってみてください。

  

史料情報

  • 表題:記録二
  • 年代:文政11.10./出所:吉田市右衛門
  • 埼玉県立文書館所蔵 吉田(市)家7
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

参考文献

吉田市右衛門

1.吉田市右衛門とは/2.文書の概要/3.祖父のこと/4.父のこと

5.村の人口減少/6.父の遺言/7.水害の影響/8.幕府へ貸付

9.水害村も救済/10.結びの言葉/11.差出人と宛名

関連リンク

江戸時代の貨幣

江戸時代の貨幣金貨の換算銀貨の換算銭貨の換算

数字の解読

日付の解読貨幣の解読面積・量の解読

村明細帳

1.村明細帳とは/2.大岡越前御検地/3.用水、小物成、家数

4.鷹場、御林、水車/5.圦樋、城跡、御巣鷹山