くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 村明細帳

吉田市右衛門その5

村の人口減少

史料

吉田市右衛門 

※無断転載禁止

問題

Q.下奈良村の家数は、宝暦年中と比べてどのくらい減ってしまったでしょうか?

解読文 左ページ

百姓一統困窮仕罷在候、村方ニ付家数之義も宝暦年中百六拾軒余も御座候処、追々相減極困窮ニ而可也ニ茂、取続罷在候もの迄差加江、漸々百軒余ニ相成申候

村高千弐百六拾六石四斗弐升五合、田畑も次第困窮、人少ニ付作余、自然与手入等も不行届、追々村方困窮仕候、且又四方寺村之儀者、村高三百拾六石六斗、家数当村拾三軒ニ相減、中々以田畑手

読み下し文

百姓一統困窮仕りまかりあり候、村方に付き家数の義も宝暦年中百六拾軒余も御座候ところ、追々相減り極困窮にて、なるべくにも取り続きまかりあり候ものまで差し加え漸々百軒余に相成申し候

村高千弐百六拾六石四斗弐升五合、田畑も次第困窮、人少しに付き作余り自然と手入れ等も行き届ず、追々村方困窮仕り候、且又四方寺村之儀は村高三百拾六石六斗、家数当村拾三軒ニ相減り、なかなか田畑をもって手

現代語訳

<<下奈良村は)百姓一同困窮しております。村は家数も宝暦年中(今より70年ほど前)は160軒余りもありましたが、次第に減ってひどく困窮になり、それでもなんとか生活を続けている者まで加えて、ようやく100軒余になります。

村高は1266石4斗2升5合。田畑も次第に困窮、人が少なく作余り自然と手入れ等も行き届ず、次第に村が困窮しました。そのうえ四方寺村では、村高316石6斗、家数13軒に減り、どうにも田畑をもって手(入…)

解説

  • 罷在(まかりあり)は「あり」「おり」の謙譲語で「あります」「おります」の意味です。
  • 旧字の「」=常用漢字の「余」。
  • 且又は、「そのうえまた」の意味です。

当頁では下奈良村の惨状について詳しく述べて、最後の方で四方寺村の惨状についても語られています。くどいようですが、本文解読のポイントの表で話の内容を整理しながら読み進めてみてくださいね。

  

史料情報

  • 表題:記録ニ
  • 年代:文政11.10./出所:吉田市右衛門
  • 埼玉県立文書館所蔵 吉田(市)家7
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

吉田市右衛門

1.吉田市右衛門とは/2.文書の概要/3.祖父のこと/4.父のこと

5.村の人口減少/6.父の遺言/7.水害の影響/8.幕府へ貸付

9.水害村も救済/10.結びの言葉/11.差出人と宛名

関連リンク

江戸時代の貨幣

江戸時代の貨幣金貨の換算銀貨の換算銭貨の換算

数字の解読

日付の解読貨幣の解読面積・量の解読

村明細帳

1.村明細帳とは/2.大岡越前御検地/3.用水、小物成、家数

4.鷹場、御林、水車/5.圦樋、城跡、御巣鷹山