くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 村明細帳

吉田市右衛門その7

水害の影響

史料

吉田市右衛門 

※無断転載禁止

問題

Q.水害により、下奈良村の周り村の作物や住まいはどうなりましたか?

解読文 左ページ

屋敷反別も所持有之候得者、居村同様ニ無麁略相心得可申旨、是又申聞置候、右日向村之儀、当村続ニ而祖父以来屋敷反別四反歩余所持仕罷在、

殊ニ利根川辺ニ而、至而地窪之村方其上、上中条村御堤外之村方ニ而砂降已後者、大雨之節ニ度々出水いたし秋毛流失、其上百姓居立等江数日水溜りニ罷成悉百姓難儀至極仕候、村方ニ御座候、何卒奉

読み下し文

屋敷反別も所持これ在りそうらえば、居村(いむら)同様に麁略(そりゃく)無く相心得申すべく旨、是又申し聞き置き候、右日向村の儀、当村続きにて祖父以来屋敷反別四反歩余所持仕りまかりあり、

殊に利根川辺にて至って地窪の村方その上、上中条村御堤ほかの村方にて砂降り已後(いご)は、大雨の節に度々出水いたし秋毛(あきげ)流失、そのうえ百姓居立等へ数日水溜りにまかりなり、ことごとく百姓難儀至極仕り候、村方に御座候、何卒奉

現代語訳

<<日向村の水害に見舞われた場所では、)屋敷田畑を所持しているので、本村同様に投げやりにしないよう心得よ。」と亡父はまたも私に言い付けました。

右日向村は当村付きで、祖父以来、屋敷田畑四反歩余り所持しており、とりわけ利根川辺りに至っては窪んだ土地の村です。

そのうえ上中条村の堤防や他の村についても、砂が降った(浅間山噴火)以後は大雨の折りに度々出水して秋の作物が流失。更に百姓の住まい等へ数日水が溜り、ことごとく百姓が困難極まった村々でございます。何卒…

解説

  • 候得者(そうらえば)は、「~したので」「~したならば」の意味です。
  • 居村(いむら)は、離れた所にある村の土地を出村(でむら)というのに対して本村を言います。

当頁は日向村及び他の村等の水害状況を記しています。

  

史料情報

  • 表題:記録二
  • 年代:文政11.10./出所:吉田市右衛門
  • 埼玉県立文書館所蔵 吉田(市)家7
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

吉田市右衛門

1.吉田市右衛門とは/2.文書の概要/3.祖父のこと/4.父のこと

5.村の人口減少/6.父の遺言/7.水害の影響/8.幕府へ貸付

9.水害村も救済/10.結びの言葉/11.差出人と宛名

関連リンク

江戸時代の貨幣

江戸時代の貨幣金貨の換算銀貨の換算銭貨の換算

数字の解読

日付の解読貨幣の解読面積・量の解読

村明細帳

1.村明細帳とは/2.大岡越前御検地/3.用水、小物成、家数

4.鷹場、御林、水車/5.圦樋、城跡、御巣鷹山