くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 活動記録

古文書入門教室

古文書入門教室 活動記録

第26回 2019.01.24(木)午後

カリキュラム

  • 近況報告:Yさん
  • 鷹場法度(小平市図書館図書館所蔵 當麻家文書 M-1-14):日付、差出人、宛名の解読の答え合わせ
  • 尾張藩鷹場の概要(将軍家・紀伊藩・水戸藩鷹場との違い、境杭、御預かり村の解説など)
  • 上記鷹場法度前半の解読に挑戦

エピソード

受講生のTさんの小説が本になった(商業出版)とのことで、ご紹介いただきました。元国語の先生とあって流石。私も読んでみようと思います♪今年新しく入ったHさんは、黒船来航に関する資料を持ってきてくださり、早速積極的に調べていただき有り難くもうれしかったです。

インフルエンザが流行っていますが、教室の受講生は誰もかかっておらず何よりです。Yさんは予防接種なしで、ここ何十年風邪を引いたことがないとのこと。馬鹿は風邪引かないとかウソですね。(笑)

まちの先生講座では、例年鷹場を取り上げているのですが、教室ではほとんど取り上げたことがなかったのでこのたび鷹場法度をご紹介、解読していただこうと思いました。首都圏は、基本的に将軍家か御三家の旧鷹場なので、江戸時代の歴史を知るには、大げさでなく鷹場の理解が必要不可欠です。

第25回 2019.01.10(木)午後

カリキュラム

  • 新年のご挨拶:今年の目標や抱負、年末年始の過ごし方、去年の振り返りなど。ひとり1分程度。
  • 黒船来航(埼玉県立文書館 増田家文書402):現代語訳の読み合わせ、史料に基づくクイズの答え
  • 鷹場法度(小平市図書館図書館所蔵 當麻家文書(M-1-14):日付、差出人、宛名の解読

エピソード

新年第一回目の教室ということで、新年のご挨拶からゆるく始めました。Mさんが松山に行かれた際のお土産としてタルトを差し入れてくださいました。教室からは普段のお礼を込めて、つまらないものですがマドレーヌなどを差し入れさせていただきました。

生徒さんの年末年始の過ごし方は、遊びに来た孫の世話が忙しかった(生徒さんお二人意気投合)、実家に帰った、江戸東京博物館に行って実際の夜具を見てきた、テニスをした、料理が趣味で料理に腕を振るった(男性)などなど。

生徒さんの今年の抱負は、今年から古文書を始めるのでがんばりたい、図書館で武蔵野の文献を読んでみる、江戸時代の農村を深めたいなどなど。みなさんのお話を聴いていると私もモチベーションが上がります♪なお、一番話し込んだ話題はひみつ。

黒船来航の瓦版は、今日で仕上がったのですが、みんなで読むと様々な疑問が出てきて、ああそういう視点があったか~と私も勉強になります。生徒さんからの質問が鋭くて 新年からΣ(゚Д゚;)ってなりました。(笑)

これ以前

くどいのと管理が大変なので割愛します。m(__)m

  

関連記事