くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 活動記録

古文書入門教室

古文書入門教室 活動記録

第31回 2019.04.04(木)午後

カリキュラム

  • 近況報告:Oさん
  • 尾州鷹場法度(小平市図書館図書館所蔵 當麻家文書 M-1-14)の一条~四条目のおさらい(読み下し文、現代語訳)
  • 同史料第五条~一〇条目 解読
  • 同史料第五条一行目 答え合わせ

エピソード

桜七分咲きくらいの中での開催。Oさんが緑の花を咲かすという桜・御衣黄(ぎょいこう)が見られる場所が多摩にあると聞いたので、行ってみたいと近況報告してくださいました。するとYさんが「ドンキの近く(市内)に咲いてる」と。またBさんは「秩父に咲いている」とも。まあ、自然だけは東京に負ける気がしません。(笑)

それにしても私は、御衣黄を存ぜず、緑のお花自体魅かれますが、また名前がなんとも風流ではありませんか。私も是非、実際の御衣黄を見てみたいと思いました。♪

さて、鷹場法度の解読は四条目まで進んだので、ここいらで一条目のおさらいをしました。改めてみんなで読み合わせてみると、躓きやすいポイントなどが再確認できて(私は?)よかったです。後半は五条~一〇条目の解読に挑戦。答え合わせします、と言葉を発することがためらわれるほどみなさん真剣でした。♪

第30回 2019.03.21(木)午後

カリキュラム

  • 近況報告:Kさん
  • 春分とは何か_暦のおはなし
  • 尾州鷹場法度(小平市図書館図書館所蔵 當麻家文書 M-1-14)の三条目解読答え合わせ、現代語役
  • 同史料四条目 解読の答え合わせ

エピソード

春分の日・祝日の開催となりました。せっかくなので春分とは何かをお伝えしました。近況報告でKさんが最近の学校の卒業式のお話しをしてくださいました。スマホでYさんのお孫さんも卒業式の様子も見ました。

尾州鷹場法度の三条目は「殿様がお成りの時は犬猫を繋いで置くこと」とあります。昔の人の文書に主語がないので、現代語訳の時、尾張の殿様を指すのか役人を指すのかで皆さんちょっと困っていました。これは仕方のないことで、手元にある史料だけでは情報不足ということがよくあります。

また三条目は、犬猫を繋いで置くことと何ら関係性がない文章を「附(つけたり)」すなわち補足事項として「案山子を立てないこと」とあります。論理思考の人は古文書についていけないかも。私は気分で生きているから大丈夫。(笑)

これ以前

くどいのと管理が大変なので割愛します。m(__)m

  

関連記事