くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 活動記録

古文書入門教室

古文書入門教室 活動記録

第22回 2018.12.09(木)午後

カリキュラム

  • 近況報告:まちの先生の報告(宇野)
  • 黒船来航(埼玉県立文書館 増田家文書402)の解読:一人で→テーブルごと話し合い
  • 上記文書、前半部分答え合わせ

エピソード

前回、何故だか千葉の我孫子の地名の由来について盛り上がり(笑)、Mさんが安孫子についてネットで詳しく調べてきて下くださいました。これを授業前に有り難く聞きました。授業前は何気に交流も深められるし充実しています♪

さてこのたび取り扱う文書は以前より当サイトにUPしていたもの。まず私の方で改めて解読してみたのですが、例のごとく解読の間違えなどが見つかってよかったです?教室と当サイトは補強関係にあります。以前より候文中心に取り組んでいたため、今回変体仮名初挑戦の生徒さんには難しい文書かと思います。忍びないのですが、そこは解説でフォローさせていただきます!

第21回 2018.11.01(木)午後

カリキュラム

  • 近況報告:Yさん
  • 酒狂の喜平治の後日談(埼玉県立文書館平山家3337)本文後半解読答え合わせ
  • 上記文書の現代語訳の作成、読み合わせ

エピソード

このたびの会場は同じ館ではあるのですが、いつもと違う部屋での開催となりました。同じ部屋での予約が取れなかったから。部屋が違うと机や椅子など大なり小なり勝手も違い、セッティングなど少々戸惑うこともありました。然しながら、気分転換にたまに違う部屋というのもアリかも?と思いました。会場選びは、余り神経質になることもないですが、どこでもいいってわけにもいかず、最近の私はホント、くずし字以上に会場に悩んでます。(笑)

授業の最初は、比較的古文書歴が長い人に前回やった箇所について(何も見ずに)史料をそのまま読み上げてもらっています。いわゆる読み下し文ですが、古文書って読み方も難しいですよね。私自身苦手なのですが、時に声に出してみんなに聴いてもらうのもよいかと思います♪

これ以前

くどいのと管理が大変なので割愛します。m(__)m

  

関連記事