くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 証文・手形

証文・手形など

急廻状請取り

史料

急廻状請取り

※無断転載禁止

解読文

覚/一 此度代官・矢嶋藤蔵様御手代ゟ急御廻状壱通御順達被下右之通、無相違慥ニ請取、為念如此御座候、以上

柴村名主・四郎兵衛㊞/巳八月十一日/板井村 御役人御中

読み下し文

おぼえ/一 このたび代官・矢嶋藤蔵様御手代より急御廻状(きゅうごかいじょう)壱通ご順達下され右の通り、相違無くたしかに請取り、念の為かくのごとく御座候、以上(以下解読文に同じ)

現代語訳

覚(表題・特に意味はない)/このたび代官・矢嶋藤蔵様の手下より急の御廻状一通が送られてきたので右の通り、間違いなく確かに請取りました。念の為この通り記しました、以上。

柴村名主・四郎兵衛㊞より/八月十一日/板井村 御役人の方々へ

解説

廻状(かいじょう)とは、回章(かいしょう)とも言い、領主が村から村へ用件を通達した書状。各村の名主は、村名の下に捺印し次の村へ渡し、最後の留り村から代官所など発給村に戻しました。

急廻状(きゅうかいじょう)とは、「いそぎかいじょう」とも読み、緊急のため急いで閲覧しなければならない廻状です。

史料は廻状そのものではありませんが、(男衾郡)柴村(埼玉県熊谷市にある村)の名主さんが廻ってきた急廻状を見ましたと坂井村(同市にある村)の役人らに証拠として記した文書です。

史料は代々坂井村の名主を務めた家(飯田家文書)から出てきたものです。これから考えても恐らく廻状の順番は坂井村→柴村。現物の廻状は手元に残りませんから、坂井村の名主さんらが史料の文書を受け取ることにより、柴村の名主さんは廻状ちゃんと見てくれたんだと安心するわけです。

廻状のケースだけでなく古文書では、拝見一札などとして□□さんが○○を拝見しましたと◇◇さん宛てに書き記した文書のたぐいは数多く残っています。

現代においても、発信したメールに対し返信がないと不安になることがありますよね。江戸時代の人々も同じだったわけです。

  

史料情報

  • 表題:覚(急廻状壱通請取ニ付)
  • 年代:巳. 8.11/出所:柴村四郎兵衛/宛名:板井村役人衆中
  • 埼玉県立文書館所蔵 飯島家565
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

証文・手形など

1.男手形 解読文,2.解説/3.女手形/4.離縁状 解読文,5.解説/6.人別送り状その1/7.人別送り状その2

8.奉公人請状1-1 解読文,9.1-2解説/10.奉公人請状2-1,11.2-2,12.2-3/13.金子証文

14.質地証文 解読文,15.解説/16.急廻状請取り

サイト内リンク

百姓往来

1.百姓往来とは/2.仁徳天皇の仁政

3.孝(こう)/4.弟(てい)/5.忠(ちゅう)

6.信(しん)/7.耕作の道具/8.年貢の納め方、助郷

江戸時代の繋がりと地域社会

1.はじめに/2.年貢の課せられ方/3.村の組織図

4.五人組の役割/5.男性家長の役割/6.地域で支え合う介護

7.老後の生活/8.父親中心の子育て/9.仮の親子関係

10.子供は村の子/11.子育てネットワーク/12.超個人主義の果てに