くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 基本単語

基本単語その1

古文書基本単語その1

覚えよう!

相払 皆済 段々
相払 皆済 段々
あいはらい かいさい だんだん
払は拂をくずした字になります。相はひらがなの「お」に似ているのが特徴。 年貢や借金を返済するという意味。 次第に、いろいろの意味。
名主 組頭 百姓代
名主 組頭 百姓代
なぬし くみがしら ひゃくしょうだい
村役人の長 名主の補佐役。 百姓の代表
給金 自然 迷惑
給金 自然 迷惑
きゅうきん しぜん めいわく
給と金、共に典型的なくずし方。給金とは奉公人のお給料のこと。 おのずからの意味。 途方にくれることの意味。
奉公 思召 知行所
奉公 思召 知行所
ほうこう おぼしめす ちぎょうち
貧しいお百姓さんは、頻繁に商家などに奉公しに行きます。 お思いになる、お考えになるの意味。 旗本に与えられた領地。

ひとくちメモ

近世古文書に非常によく出てくる単語をまとめました。どうしてこんなふうにくずされるのだろうなんて考えなくて構いません。また、考えた所でわかりません(笑)。理屈抜きで覚えてください。

  

数字、単語の解読

日付の解読貨幣の解読面積・量の解読/基本単語その1/基本単語その2

  

サイト内リンク

古文書例文集

古文書例文集1-3古文書例文集4-6古文書例文集7-9古文書例文集10-12

名前の解読

1.官職名その1/2.官職名その2/3.官職名その3 国司

4.武士の名前/5.農民の名前/6.動物の名前

引札

冬衣売出し広告御蒸菓子所広告

御鼻紙袋・煙草粉入

西洋時計便覧

1.西洋時計便覧とは/2.萬民必要の器なり/3.三本の針を常とす

4.袖時計全体の図/5.開図表面、裏面の図/6.内機を開し図

7.四季の違いめなれど/8.時計の具体的な見方

9.時計盤面図鮮/10.不定時法対応表

村明細帳

1.村明細帳とは/2.大岡越前御検地/3.用水、小物成、家数

4.鷹場、御林、水車/5.圦樋、城跡、御巣鷹山