くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 証文・手形

証文・手形

三行半(みくだりはん・離縁状その1)

史料

三行半(離縁状)

※無断転載禁止

解読文

因縁薄によつて今

離別候、自今以後

再縁・改嫁随意たる

へき事

 和十郎㊞

天保五年

 甲午七月

 たみ江

読み下し文

因縁薄(いんねんぱく)によって今、離別候、自今(じこん)以後、再縁・改嫁(かいか)随意たるへきこと

和十郎㊞/天保五年甲午七月/たみへ

現代語訳

縁が薄かったことにより今、離別します。このあと再婚等、思いのままにどうぞ。

和十郎より/天保五年甲午年(1829・江戸後期)七月/たみへ

三行半(三下半)とは

江戸時代の離縁状は一般的に、僅か三行半(みくだりはん)で書くものとされていました。そこには①離縁すること、②妻の再婚の自由を認めることが記されています。

離婚するには離縁状が必要で、もし離縁状を出さず、あるいはもらわずに再婚すると重婚罪に問われました[註1]。

高木侃氏が三行半1000通を調査した結果[註2]、離婚の理由第一位は無し(書かない)27%、第二位は「我等勝手二付き」「熟談・示談」8.6%です。

氏によると理由を書かないのは、書かない方がよいから。また「我等勝手二付き」は自由気ままにという意味ですが、実際には夫婦間で協議したうえでの離婚が一般的でした。

よって「我等勝手二付き」は「当方の都合により」と解釈。妻の無責任性を表示することで、男子の面子を保ち、夫権優位(男尊女卑)の建て前を辛うじて保持しました[註3]。

次ページでは当史料の解読のポイントを解説しています。

  

補注

史料情報

  • 表題:[離縁状]
  • 年代:天保 5. 7./出所:和十郎/宛名:たみ
  • 埼玉県立文書館所蔵 平山家3984
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

証文・手形

通行手形

1.男手形その1/2.男手形その2/3.女手形

三行半

4.離縁状その1/5.離縁状その2

サイト内リンク

百姓往来

1.百姓往来とは/2.仁徳天皇の仁政

3.孝(こう)/4.弟(てい)/5.忠(ちゅう)

6.信(しん)/7.耕作の道具/8.年貢の納め方、助郷

江戸時代の繋がりと地域社会

1.はじめに/2.年貢の課せられ方/3.村の組織図

4.五人組の役割/5.男性家長の役割/6.地域で支え合う介護

7.老後の生活/8.父親中心の子育て/9.仮の親子関係

10.子供は村の子/11.子育てネットワーク/12.超個人主義の果てに