くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 村明細帳

村明細帳その3

用水、小物成、家数

史料

村明細帳

※無断転載禁止

解読文

此反別百弐拾三町九反五畝三歩

内 田方・八反九歩/畑方・百廿三町壱反四畝廿四歩

石盛 屋敷・九つ、七つ、七ノ下五つ/下・四つ、下々三つ/林・弐つ、野弐つ

一 此村用水者四ツ谷御上水引申候

一 小物成無御座候

一 家数四拾五軒

一 道中付之村二者無御座候

用語

反別(たんべつ):田畑の面積

石盛(こくもり):検地によって耕地や屋敷を上・中・下・下々の四等級に分け、それぞれの等級に応じて公定された反当たりの標準収穫量。

四ツ谷御上水(よつやごじょうすい):玉川上水のこと。

上水(じょうすい):江戸に飲料などとして管や溝を通して供給されるきれいな水を導く水路。

小物成(こものなり):本物成の対語。本年貢以外の山野・河川・海などの収穫物や産物に課せられた雑年貢の総称。

現代語訳

私どもの村の田畑の面積は123町9反5畝3歩で、そのうち田んぼは8反9歩、畑が123町1反4畝24斗です。

石盛(1反当たりの標準収穫量)については、1反当たり屋敷の家構え・9斗、敷地内にある畑・7斗の2種類で設定しています。

また、畑は等級別に中ノ下畑・5斗、下畑・4斗、下々畑・3斗、林畑・二斗、野畑・二斗で石盛を設定しています。敷地内のそれぞれの面積にこれら石盛を乗すると石高が算出され、総計すると村高になります。

私どもの村は、飲料水や農業水として四ツ谷御上水を利用しています。田畑に課せられた以外の雑税はありません。家の数は45軒です。東海道や日光街道などの道中は通っておりません。

解説

江戸の上水について

江戸の主要な上水道は、玉川上水(四ツ谷御上水)と神田上水の二つです。

玉川上水は多摩川(羽村市)から江戸南部方面(立川市・小平市・三鷹市など)に配水されました。神田上水は、武蔵野市の井之頭(いのかしら)池から江戸北部方面(神田・日本橋・京橋など)に配水されました。

  

史料情報

  • 小平市立図書館所蔵 當間家文書『村方銘細帳』(D-4-4)元文元年
  • 当サイトは小平市立図書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

村明細帳

1.村明細帳とは/2.大岡越前御検地/3.用水、小物成、家数

4.鷹場、御林、水車/5.圦樋、城跡、御巣鷹山

サイト内リンク

百姓往来

1.百姓往来とは/2.仁徳天皇の仁政

3.孝(こう)/4.弟(てい)/5.忠(ちゅう)

6.信(しん)/7.耕作の道具/8.年貢の納め方、助郷

江戸時代の繋がりと地域社会

1.はじめに/2.年貢の課せられ方/3.村の組織図

4.五人組の役割/5.男性家長の役割/6.地域で支え合う介護

7.老後の生活/8.父親中心の子育て/9.仮の親子関係

10.子供は村の子/11.子育てネットワーク/12.超個人主義の果てに