くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 村明細帳

村入用帳その3

名主給と定使給

史料

村入用帳_名主給と定使給

※無断転載禁止

解読文

① 永壱貫六百四文 名主給

  但高壱石ニ付永五文宛外、ニ軒別人足壱人宛、夏秋両度名主方え助合致候

② 永壱貫六百四文 定使給

現代語訳

① 永1貫604文(現在で約120,300円)は、名主の給料です。但し高一石につき永五文(現在で約375円)ずつ他、ニ軒ごとに一人ずつ筋肉労働として夏と秋に名主方への人馬提供にも充てました。

② 永1貫604文(現在で約120,300円)は、名主の下で手伝いをした村役人の給料です。

解説

一行目から「永」という謎の貨幣単位の記載があります。永とは、金(両)と銭(文)の交換比率は常に変動するため、計算がわずらわしいので一両=永1,000文という架空の単位をつくり、これで計算しておいて最後に現行貨幣に換算する方法です。

永の概念は非常に難解なので古文書初学者の人は適当に聴き流して(笑)。まずは数字のくずし字の解読と金貨銀貨銭貨の換算がわからればOK。

名主給

名主給(なぬしきゅう)とは、名主のお給料のことです。史料の名主給の金額が少ないと思われるでしょうが、名主になることは名誉なことなので問題ありません。逆いえば金持ちでなければ名主は務まりません。

定使給

定使(じょうづかい)とは、名主の下で村人や隣村に触れや廻状を伝達したり、人足の徴発などの連絡を行った者です。初期には給分を年貢から支給されていましたが、のちに村入用から支給されました。

  

史料情報

  • 小平市立図書館所蔵 當間家文書『去戌年村入用帳』(D-5-38)文久三年
  • 当サイトは小平市立図書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

村入用帳

1.村入用帳とは/2. 表紙/3.名主給と定使給/4.通信費・光熱費など

5.勧化・旅僧・座頭など/6.御用の為の交通費/7.合計額を算出してみよう!

8.相違無御座候/9.差出人・村の人々の名前/10.宛名と返信

関連リンク

江戸時代の貨幣

江戸時代の貨幣金貨の換算銀貨の換算銭貨の換算

数字の解読

日付の解読貨幣の解読面積・量の解読

村明細帳

1.村明細帳とは/2.大岡越前御検地/3.用水、小物成、家数

4.鷹場、御林、水車/5.圦樋、城跡、御巣鷹山