くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 証文・手形

証文・手形など

金子証文 寝間着の代金

史料

金子証文01

※無断転載禁止

解読文

金子請取之事/一 金二㊞両 りた夜着蒲団造料代金、右之金子我等慥ニ請取㊞、妻りた方江無相違相渡し申所実正ニ御座候、為念如此ニ御座候以上

寛政七卯三月/今市村・善兵衛㊞/平山村・覚右衛門様

読み下し文

金子請取りの事/一 金二両 りた夜着(よぎ)蒲団造り料代金、右の金子我等たしかに請取り、妻りた方へ相違なく相渡し申すところ、実正に御座候、念の為かくのごとくに御座候以上(以下解読文に同じ)

現代語訳

領収書/金二(およそ150,000円)りたさんの寝間着造りの代金について、我等確かに請取りました。

寝間着は妻りたさんへ間違いなく渡しました。念の為この通り記しました、以上。

寛政(江戸後期)七三月/今市村・善兵衛㊞/平山村・覚右衛門様へ

解説

史料は江戸時代の領収書。厳密にいうと史料の場合、納品書も兼ねています。覚右衛門は(入間郡)平山村(現・埼玉県毛呂山町)の名主です。

夜着(よぎ)とは、普通の着物のような形で大形のものに厚く綿を入れた夜具です。加賀友禅の店ゑり華さんのサイトを見ていただければ(二番目のお写真)一発でわかるでしょう。

それにしても金二両(金の換算についてはこちら)の夜着(寝間着)って…。名主の妻ともなれば随分リッチな生活をしているんだなあと思いますね。

金「二」両と「請取」の上の押印は改ざん防止の為です。変体仮名に慣れていないと、覚右衛門の妻の名前「りた」は難読です。里多をくずして「りた」。現行の平仮名の「り」は利、「た」は太です。蒲団の団は異体字・團をくずした字で勘が働かないとちょっと読みづらいです。

三行目の我等の「我」は家のように見えますが、家等ではおかしいですから、迷ったら意味が通じる方を採用しましょう。

  

史料情報

  • 表題:金子請取之事(りた蒲団代)
  • 年代:寛政 7. 3./出所:今市村善兵衛/宛名:平山村覚右衛門
  • 埼玉県立文書館所蔵 平山家3909
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

証文・手形など

1.男手形 解読文,2.解説/3.女手形/4.離縁状 解読文,5.解説/6.人別送り状その1/7.人別送り状その2

8.奉公人請状1-1 解読文,9.1-2解説/10.奉公人請状2-1,11.2-2,12.2-3/13.金子証文

14.質地証文 解読文,15.解説/16.急廻状請取り

サイト内リンク

百姓往来

1.百姓往来とは/2.仁徳天皇の仁政/3.孝(こう)/4.弟(てい)/5.忠(ちゅう)

6.信(しん)/7.耕作の道具/8.年貢の納め方、助郷

江戸時代の繋がりと地域社会

1.はじめに/2.年貢の課せられ方/3.村の組織図

4.五人組の役割/5.男性家長の役割/6.地域で支え合う介護

7.老後の生活/8.父親中心の子育て/9.仮の親子関係

10.子供は村の子/11.子育てネットワーク/12.超個人主義の果てに