くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 暦講座

暦講座その1

陰陽五行説

五行相当表

五行 五色 五方 五時 五星 五常 十干 十二支
歳星
(木星)
甲,乙 寅,卯,辰 旧一,二,三月
熒惑
(火星)
丙,丁 巳,午,未 四,五,六月
中央 土用 鎮星
(土星)
戊,己 辰,未,戌,牛
西 太白
(金星)
庚,辛 申,酉,戌 七,八,九月
辰星
(水星)
壬,癸 亥,子,丑 十,十一,十二月

陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)とは

概論

陰陽五行説とは、大雑把に言えば、古代中国の人が自然観察をして、万物についてわかったことを簡潔にまとめた「自然観察報告書」です。

儒教の思想哲学や暦などは、この陰陽五行説をベースにしています。よって陰陽五行説を知らないと、中国の思想や暦などを積極的に輸入し、活用してきた日本の歴史や生活文化の根本が理解できないといっても過言ではありません。

陰陽五行説は、本来別々の二つの説である陰陽説と五行の説が組み合わさって一つになっています。下記に詳しくみていきましょう。

陰陽
陰陽を示す
太極

陰陽説

陰陽説は、天地・昼夜・寒暑・男女など全ての万象は二項対立で成り立っているとして、陰気と陽気から説明した考え方です。

陰陽説は古代中国の占いの書物・易経の重要な核になってます。また、韓国の国旗の真ん中は陰陽を示す太極が置かれています。

五行説

五行説は、全てのものは、木火土金水の五つの元素から構成されるという考え方です。

といってもよくわからないと思いますが、このページの上に示した五行相当表を見ていただければスルッと頭の中に五行説が入ってくると思います。

木気

まず、五行相当表の青の横一行・木気に目を通してみましょう。木気は、季節でいうと木の芽時、青々としているとイメージなので色は青、方角は東、季節は春です。

火気

次に火気を横に見ていきましょう。色は赤、方角は南、季節は夏と誰もが思うイメージとピッタリですね。

土気

三行目の土気を横にみていくと、色は黄色、方角は中央、季節は季節と季節を結ぶ中央の土用です。土用については十二支の所で詳しく解説しています。

金気

四行目の金気を横にみていくと、冷たく光る金属の色ということで色は白になります。金気は五気のうちで最も固く、その季節は万物を固く結実するということで、季節は秋です。よって方角も落日の西になります。

水気

五行目の水気を横にみていくと、色が黒で何故!?と感じた方も多いと思いますが、水は暗く低い所に集まるということで黒です。よって季節は冬、方角は北です。

陰陽五行説と日本人

さて、冒頭にも申し上げましたが、陰陽五行説は昔の日本人にとって欠かせない思想ないし生活文化です。

例えば、戦国武将の北条氏康の軍旗を見てください。陰陽五行の五色が配されたデザインになっています。

また、江戸・明治時代に大流行したカレンダーは旧暦であり、旧暦は陰陽五行説に深く根ざしたもので、陰陽五行説を全く知らないと昔の日本の暦は解読不可能となります。

よって陰陽五行説の思想に納得しようがしまいが、日本史を真面目に取り組みたい人にとって陰陽五行説は頭に入れておくべき必須の知識です。

また、科学知識をシャワーのように幼少の頃から浴びせられてきた現代において、陰陽五行説という逆に新しい価値観に触れれば、歴史に興味がない人でも万物に奥行を感じ、視野が広がると思います。

  

参考文献

吉野 裕子 『陰陽五行と日本の民俗 』(人文書院 、1983年)

暦講座

1.陰陽五行説/2.十干/3.十二支/4.干支/5.八将神/6.金神/7.歳徳神/8.二十八宿/9.十二直

関連リンク

伊勢暦

1.伊勢暦とは/2.年号と干支/3.三鏡宝珠形/4.歳徳神/5.金神/6.八将軍/7.土公神

8.月の大小/9.月の干支/10.二十八宿と七曜/11.暦日の暦注/12.十二直

引札暦

1.引札暦とは/2.略暦とは/3.神武天皇即位紀元/4.大小とは/5.戦前の祝日

6.甲子、庚午とは/7.二十四節気と雑節/8. 日曜表/9.引札暦その2/10.三鏡宝珠形

11.歳徳神/12.金神/13.八将軍/14.干支のお祭り/15.八専/16.旧暦の大小

日付の解読

1.十干の解読/2.十二支の解読/3.閏月の解読