くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 近代文学で覚える異体字と歴史的仮名遣い

近代文学で覚える異体字と歴史的仮名遣いその4

葛西善蔵「子をつれて」

君にも解らないぢや、仕様が無いね。

葛西善蔵「子をつれて」一部抜粋

原文

「……そりやね、今日の處は一圓差上げることは差上げますがね。併しこの一圓あつた處で、明日一日凌(しの)げば無くなる。……後をどうするかね?僕だつて金持といふ譯ではないんだからね、さうは續かないしね。一體君はどうご自分の生活といふものを考えて居るのか、僕にはさつぱり見當が附かない」

「僕にも解らない……」

「君にも解らないぢや、仕様が無いね。で、一體君は、さうしてゐて些(ちっ)とも怖(こは)いと思ふことはないかね?」

「そりや怖いよ。何も彼(か)も怖いよ。そして頭が痛くなる、漠然とした恐怖――そしてどうしていゝのか、どう自分の生活といふものを考えていゝのか、どう自分の心持を取直せばいゝのか、さつぱり見當が附かないのだよ」

「フン、どうして君はさうかな。些とも漠然とした恐怖なんかぢやないんだよ。明瞭な恐怖なんぢやないか。恐ろしい事實なんだよ。最も明瞭にして恐ろしい事實なんだよ。それが君には解らないといふのは僕にはどうも不思議でならん。」[註1]

現代語訳

「……そりゃね、今日のところは一円差上げることは差上げますがね。しかしこの一円あったところで、明日一日凌(しの)げば無くなる。……後をどうするかね?僕だって金持という訳ではないんだからね、そうは続かないしね。一体君はどうご自分の生活というものを考えているのか、僕にはさっぱり見当がつかない」

「僕にも解らない……」

「君にも解らないじゃ、しようがないね。で、一体君は、そうしていてちっとも怖いと思うことはないかね?」

「そりゃ怖いよ。何もかも怖いよ。そして頭が痛くなる、漠然とした恐怖――そしてどうしていいのか、どう自分の生活というものを考えていいのか、どう自分の心持を取直せばいいのか、さっぱり見当がつかないのだよ」

「フン、どうして君はそうかな。ちっとも漠然とした恐怖なんかじゃないんだよ。明瞭な恐怖なんじゃないか。恐ろしい事実なんだよ。最も明瞭にして恐ろしい事実なんだよ。それが君には解らないというのは僕にはどうも不思議でならん。」

出てきた異体字を覚えよう

処(ところ)  円(エン)  訳(わけ) 続(つづく)
処が原字で、處は処+虍(→居、おる)。台のもとにどどまるの意。坂口安吾「堕落論」にて既出の異体字。 円は圓の草体から。囗(とりかこむ)+員(まるい)。まるいの意。 訳は譯の略体。言+睪(繹、つなぎつぐ)。一国のことばを他国のことばにかえて意味をつなぐ、やくすの意。 続は續の略体。糸がつづく、つぐの意。
体(タイ) 当(トウ) 実(ジツ)
体はもと躰が體の略体として用いられたのをさらに略した形。骨+豊(ゆたかにつらなる)。 当は當の草体から。もとの耕地に匹敵する代わりの土地の意から、あたる意。 実は實の草体から。宀+貝+毌(=周、あまねくゆきわたる)。家の中に財宝が満ちる意。

歴史的仮名遣いのフレーズを丸ごと覚えよう

「一體君はどうご自分の生活といふものを考えて居るのか、僕にはさつぱり見當が附かない」

「いふ」「さつぱり」は、現代と同じく「ユー」「サッパリ」と発音します。つまり発音は現代と全く同じです。この原理は例えば「私は」と書いて「ワタシワ」と読む原理と同じです。

解説

葛西善蔵は余り有名な作家ではないと思いますが、日本の近代文学全集みたいなものには必ずといっていい程、鴎外、漱石、川端等の文豪に交じって葛西善蔵も漏れなく含まれているケースが多いです。

葛西善蔵はあくまで「お金」にこだわり、「お金」を文学にしてしまった、いそうでいない、個性的な作家です。彼は生涯貧乏で、自身の困窮状態を書き綴ったものイコール彼の作品となってます。今回ご紹介した「子をつれて」もご多分にもれずです。

上記一節は、友達のKくん(これがまたすごいいいヤツ)にお金を借りに行った際のKくんと主人公・小田(≒葛西善蔵)の会話です。

悲惨を通り過ぎてどこか滑稽でユニーク。これが彼の作品の魅力です。器用に生きられない人にさりげなく、心地よい元気を与えてくれる――それが葛西善蔵という作家だと思ひます。

  

補註

註1:伊藤整他編集『日本現代文学全集〈第45〉近松秋江・葛西善蔵集 (1965年) 』(講談社 、1965年)より引用。

註2:小学館辞典編集部 『現代漢語例解辞典 』(小学館、1996年 )参照。

近代文学で覚える異体字と歴史的仮名遣い

1.はじめに/2.夏目漱石「こゝろ」/3.坂口安吾「堕落論」/4.葛西善蔵「子をつれて」

5.太宰治「待つ」/6.宮沢賢治「どんぐりと山猫」/7.高見順「あるリベラリスト」

サイト内リンク

異体字一覧

1.異体字とは/2.異体字を覚えよう

3.異体字一覧その1/4.異体字一覧その2/5.異体字一覧その3

小学算術書

1.小学算術書とは/2.先生と生徒の数/3.茶碗、鶴、俵

4.算数に使う符号/5.旗、桃、傘/6.墨、靴/7.檎、魚、兎

8.机、見台等/9.小銃、屏風等/10.北斗七星、北極星

11.騎兵、蝶、手習/12.兵卒、蝉、人形/13.蜂の巣、桜等

14.羅紗、蒸気船

引札

冬衣売出し広告御蒸菓子所広告

御鼻紙袋・煙草粉入