くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 名前の解読

名前の解読その6

武士の名前の解読

どのくらい読めるかな?

長井左衛門 夏目杢左衛門 八木辰三郎
長井左衛門 夏目杢左衛門 八木辰三郎
ご存じの通り武士稼業の皆様は、必ずこの様に姓がついております。 左衛門の典型的なくずし方です。覚えるしかありません。「夏」のくずし字が結構難しいですね。 「辰」は干支を記述する際に非常によく使われます。
宮池六蔵 江川太郎左衛門 小栗庄右衛門
宮池六蔵 江川太郎左衛門 小栗庄右衛門
「池」が「他」にも見えなくもないのですが、宮他なんて名字の人はいないですからね。「」のくずし字も覚えておくといいです。 太い筆で勢いよく書かれております。名前の頻出用語である「」と「左衛門」が合わさっております。 「庄」のくずし字が「店」にも見えるのですが、「店右衛門」なんて名前はおかしいですから、「庄」を採用します。
桜井作之進 小林佐次兵衛 伊勢平五郎
桜井作之進 小林佐次兵衛 伊勢平五郎
非常に読みにくいですね。しかし「作」のくずし字は覚えていて損はないです。 兵衛」の基本的なくずし方をしています。何も考えずに慣れるしかありません。 「五郎」の基本的なくずし方をしています。これも慣れるしかありません。
松平藤之助 山本勘一 渡辺半十郎
松平藤之助 山本勘一 渡辺半十郎
「藤」もまた、この様にクセのあるくずし方をしますが、頻出用語なので覚えておくとよいです。 ほとんど何もくずしていませんね。ふー、ちょいと一休み。 「辺」が難しいですね。「半」のくずし方もまた記号的で覚えるしかありません。

ひとくちメモ

このページに掲載している名前は、武士の中でも幕府に仕えている旗本といった身分の人々を中心にご紹介させていただいております。

名前の読み方にはルールがあって、これをマスターしないと解読が難しいです。次ページから左衛門・右衛門、兵衛など読み方のルールを細かく見てみましょう!

  

名前

官職名

1.官職名その1/2.官職名その2/3.官職名その3/4.国司その1/5.国司その2

固有名詞

6.武士の名前/7.左衛門/8.右衛門/9.兵衛・郎/10.助・蔵・数字など

動物

11.動物の名前

  

サイト内リンク

数字

1.十干の解読/2.十二支の解読/3.閏月の解読/4.金の解読

5.銀の解読/6.銭の解読/7.永の解読/8.面積・量の解読

例文集

古文書例文集1-34-67-910-12

村入用帳

1.村入用帳とは/2. 表紙/3.名主給と定使給/4.通信費・光熱費など

5.権化・旅僧・座頭など/6.御用の為の交通費/7.合計額を算出してみよう!

8.相違無御座候/9.差出人・村の人々の名前/10.宛名と返信