くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 儒教

儒教

義とは 儒教道徳(五常)解説

五常

五常 意味
あわれみの心
恥ずかしいと思う心
敬い慎む心
是非を判別する心
誠の心

五常配色は陰陽五行説、意味は『孟子(告子章句上)』より。

義とは

義とは儒教の五常・仁義礼智信の一。孟子は孔子の仁の持っている要素を二分して、仁と義としました。仁の方は遠心的に他社に向かっていく心情というニュアンスが強いのに対して、義は静的な秩序、あるいはその秩序を維持する心性を指し、求心的な印象をあたえます(土田健次郎『儒教入門』)。

また孟子のいう義とは、後の荀子や韓非子の説くような、やむをえずに従わされる外的な規制ではありません。あくまで自分の心中にきざした利己心を自ら克服しようという気持ちです。

経書(儒教の経典)による「義」

  • 「仁は人間にもともと具わっている心であり、義は万人の行くべき正しい道である。」『孟子(尽心章句上)』
  • 「親に親しむのが仁の心であり、年長者に一目おくのが義の心である。仁義とは、ほかでもない、このような素朴な心を、天下にあまねく通行させることのあのである。」『孟子(尽心章句上)』
  • 「仁に身を置き、義より発して進む、大人物のすべき仕事は、それですべてです。」『孟子(尽心章句上)』
  • 「学問が好きならば(天才でなくても)やがて知恵の深い人となり、努力する人は徳を積んで仁者になり、また恥を知って義を守る人は勇者になるのであって、この三徳を心得たならば、それで身を修め人を治めることができ、さらに国家を統(す)べ天下を平らかにすることもできるであろう。」『礼記(中庸)』
  

参考文献

  • 木村英一・鈴木喜一訳「論語」、藤堂明保・福島中郎訳「孟子」、竹岡八雄・日原利国訳「荀子」、竹内照夫訳「礼記」『中国古典文学大系 (3)』(平凡社、1970年)
  • 土田 健次郎『儒教入門』(東京大学出版会、2011年)

儒教

五常とは仁とは/義とは/礼とは智とは信とは

関連記事

荻生徂徠とは『政談』/新井白石『折りたく柴の記』/陰陽五行説十干十二支干支