くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 暦講座

暦講座その3

十二支とは 時刻、方角、月、季節などを表す万能記号

目次

十二支早わかり表十二支とは

季節を表すこともできる

暦講座関連記事

十二支早わかり表

子 丑 寅 卯 辰 巳
読み ね/シ うし/チュウ とら/イン う/ボウ たつ/シン み/シ
時刻 0時頃(夜半) 2時頃(鶏鳴) 4時頃(平旦) 6時頃(日出) 8時頃(食事) 10時頃(禺中)
方角 北北東 東北東 東南東 南南東
旧11月・新12月 旧12月・新1月 旧1月・新2月 旧2月・新3月 旧3月・新4月 旧4月・新5月
季節 冬至 冬土用
(冬の終わり)
立春 春分 春土用
(春の終わり)
立夏

相剋

相克

相克

相克

相克

相克
午 未 申 酉 戌 亥
読み うま/ゴ ひつじ/ビ さる/シン とり/ユウ いぬ/ジュツ い/ガイ
時刻 12時頃(日中) 14時頃(日昳) 16時頃(哺時) 18時頃(日入) 20時頃(黄昏) 22時頃(人定)
方角 南南西 西南西 西 西北西 北北西
旧5月・新6月 旧6月・新7月 旧7月・新8月 旧8月・新9月 旧9月・新10月 旧10月・新11月
季節 夏至 夏土用
(夏の終わり)
立秋 秋分 秋土用
(秋の終わり)
立冬

十二支とは

十二支(じゅうにし)は子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥の十二文字からなる記号です。

十二支のことを干支(えと)と言ってしまう人がいますが、干支は十干(じっかん)と十二支を組み合わせを言います。

2021年(令和三)の干支は辛丑(かのとうし)で、十干が辛(かのと)十二支が丑(うし)です。2022年(令和四)の年の干支は壬寅(みずのえとら)で、十干が壬(みずのえ)十二支が寅(とら)です。

くずし字での書き方は十干の解読十二支の解読をご参照ください。

現在の日本において、十二支はせいぜい年賀状において年を表すことでしか用いられません。然しながら本来は、上の表を見てもわかるように時刻、方角、月などを示すためにも用いられます。

季節の表し方

十二支を使って季節を表すこともでき、例として夏の季節について以下に解説します。

立夏は夏の始めを意味し、十二支で表すと巳月にあたります。もともと立夏は二十四節気の小満(しょうまん)前日までの約一五日間にあたりますが、現行暦ではこの期間の第一日目を言います。

夏至は、昼が最も長く夜が最も短いです。十二支で表すと午月にあたります。もともと夏至は二十四節気の小暑前日までの約一五日間にあたりますが、現行暦ではこの期間の第一日目を言います。

夏土用入りからの一八日間の丑の日が土用の丑の日にあたります。十二支の理解を深めるには、土用の概念が欠かせません。次ページで土用の丑の日に何故ウナギを食べるのか含め見てみましょう。

  

暦講座

1.陰陽五行説/2.十干/3.十二支/4.土用の丑の日/5.干支

6.八将神/7.金神/8.歳徳神/9.二十八宿/10.十二直

関連記事

伊勢暦

1.伊勢暦とは/2.年号と干支/3.三鏡宝珠形/4.歳徳神/5.金神/6.八将軍/7.土公神

8.月の大小/9.月の干支/10.二十八宿と七曜/11.暦日の暦注/12.十二直

日付の解読

1.十干の解読/2.十二支の解読/3.閏月の解読