くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 数字の解読

数字の解読その2

十二支-日付の解読その2

史料

十干の省略

文化一二亥年九月廿六日</ 文化十三子年六月 文政十二丑年三月日<
文化一二亥年九月廿六日 文化十三子年六月 文政十二丑年三月日
願書_吉田市右衛門 村明細帳 五人組前書
1815(江戸後期)。 1816(江戸後期)。 1829(江戸後期)。
嘉永四年亥極月十九日 万延二酉年正月日
嘉永四年亥極月十九日 万延二酉年正月日
男手形 年貢定免請状
1851(ペリー来航二年前。)極月(ごくげつ)とは一二月のこと。 1861(幕末)。万延(まんえん)と読み、万は旧字体の萬をくずした字体。正月は一月のこと。

様々な省略

安政五年一二月日</td 巳八月一一日 申十二月
安政五年一二月日 巳八月一一日 申十二月
奉公人請状 急廻状請取り
1858(江戸後期)。干支省略。 元号、十干省略。 元号、十干、日付省略。

解説

干支とは、十干十二支の組み合わせで60組あります。

史料の日付は全て十干を省略して十二支を記載しています。十干付きの日付は前ページをご参照ください。

十二支とは昔、年・時刻や方角を表すのに使った、子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)の総称です。

詳しくは「十二支とは」をご参照ください。

十干省略十二支入りの場合、元号○・十二支 年 ○月○日となり、○には数字が入ります。

現代人は年賀状にくらいしか十二支を使用しませんが、昔の人は史料のように日付に年を書くときは十二支も入れます。また、「申十二月」といったように十二支だけでその年を表す場合も多いです。

  

数字の解読

1.十干/2.十二支/3.閏月/4./5./6./7./8.面積/9.

関連記事

伊勢暦

1.伊勢暦とは/2.年号と干支/3.三鏡宝珠形/4.歳徳神/5.金神/6.八将軍/7.土公神

8.月の大小/9.月の干支/10.二十八宿と七曜/11.暦日の暦注/12.十二直

暦講座

1.陰陽五行説/2.十干/3.十二支/4.干支/5.八将神/6.金神/7.歳徳神/8.二十八宿/9.十二直