くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 数字の解読

数字の解読その3

閏月とは 旧暦の閏年に差し込まれる月

史料

宝暦六子年壬十一月廿八日 弘化三酉年閏五月廿五日 慶応元丑年閏五月 八月大/閏八月小
宝暦六子年閏十一月廿八日 弘化三酉年ノ閏五月廿五日 慶応元丑年閏五月 八月大/閏八月小
年貢受取状 奉公人請状 伊勢暦
1756(江戸中期)。閏のくずし字が、門構えが省略され王だけが残り、ひどくくずされている。 1846(江戸後期)。門構えが残る閏のくずし字。 1865(幕末)。 1862(文久二年壬戌、幕末)。旧暦において月の日数が30日は大の月、29日は小の月という。

閏月(うるうづき)とは

現行の太陽暦(新暦)の閏年(うるうどし)は、四年に一度、二月を二九日として一二カ月で変わりがありません。然しながら太陰太陽暦(旧暦)のもとでは二、三年に一度、十三カ月の年がやって来ます。これを閏年と言い、閏年には閏月(うるうづき)が入ります。

例えば宝暦六年には十一月の次に閏十一月が、慶応元年には五月の次に閏五月が入ります。

今現在の私たちが閏月に馴染みがないのは、単に西洋人に倣って太陽暦(新暦)を採用しているからです。旧暦を用いれば現在でも閏月に遭遇できます。

昨年2017年6月23日は旧5月29日で翌24日から旧閏5月1日、旧閏5月2日、旧閏5月3日…でした。今年2018年は残念ながら閏月はありません。次は2020年5月。同年5月22日は旧4月30日で、翌23日から旧閏4月1日、旧閏4月2日、旧閏4月3日…です。左記リンク先のカレンダー(旭川情報ねっと)を見ていただければ一目瞭然かと思います。

このように旧閏年には閏月がランダムに入りますが、その入り方の理論なり法則はわかりません(笑)。これ以上はかなりの専門領域です。

古文書解読において、日付の中の閏が解読できれば、閏月の理論がわからなくても全く問題ありません。古文書解読の際、史料のように月の上に十二支ではない見慣れない字体があれば、それは閏の他ありません。このルールさえ覚えてしまえば、閏の字体の解読に困ることはまずないでしょう。

  

数字の解読

1.十干/2.十二支/3.閏月/4./5./6./7./8.面積/9.

関連記事

伊勢暦

1.伊勢暦とは/2.年号と干支/3.三鏡宝珠形/4.歳徳神/5.金神/6.八将軍/7.土公神

8.月の大小/9.月の干支/10.二十八宿と七曜/11.暦日の暦注/12.十二直

暦講座

1.陰陽五行説/2.十干/3.十二支/4.干支/5.八将神/6.金神/7.歳徳神/8.二十八宿/9.十二直