くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. インフォメーション

インフォメーション

はじめに

差上申一札之事

主旨

古文書を所蔵する公共施設に文書館(もんじょかん)というのがあるのですが、そこで見つけたゴミかと思う文書(失礼!)も、じっくり解読してみると意外に面白かったりします。

当サイトはそんな私の個人的な古文書学習ノートです。学習のご参考にされても勿論差支ありませんが、私の学習方法は独学の自己流なので責任は取らないよ?(笑)…ってそんな古文書講師あるか。

一字一句くずし字を細かく解説する書籍は既にたくさんあります。反面、私は古文書の全体像をつかむことに苦労したので、主にそこに力を入れてサイト構築しています。

カテゴリは基礎講座解読講座浮世絵資料集と大きく四つに別れていますが、特に読む順番とかはないです。好きなところからお読みください。対象者は全くの初学者を中心にどなたさまでも問題ないです。難しいと思ったページは、意欲があれば解読に挑戦してもいいですし、とりあえずすっ飛ばしていただいて問題ないです。けだし、とりあえずすっ飛ばすというのは、結構効果的な学習法だったりします。

史料直下には基本的に解読文を掲載しています。そうでないページは難しすぎる、細かすぎる、あるいは単に参考史料(資料)として掲載しているだけですので、予めご了承ください。

取り扱う文書

古文書は実の所、非常に地域色の強いローカルな学問です。当サイトが掲載している古文書は、私が埼玉県に住んでいることもありまして、埼玉県立文書館及び東京都の小平市立図書館から許可をいただいて掲載しています。よって私の持ち物でもないこともあり、無断での複製はできません。

さて、あなたが現在どこにお住まいだろうと、当サイトで取り扱う武蔵国(現 東京・埼玉)の文書で学習していただいて何ら問題ありません。ご当地の文書の書き方と(不思議なことに)ほとんど違いはないでしょう。

こちらとしても一応全国区に向けて発信している手前、地域色が色濃く出ている文書は避けています。然しながら、埼玉の人でもほとんど知らない吉田市右衛門の文書など、地方史の魅力としてご紹介することはあります。取り扱う文書の時代は、江戸時代が中心です。その理由についてはこちらをご参照してください。

ついで申し上げると、現存している古文書全体から考えれば、破損している古文書の方が圧倒的に多いです。よって保存状態のよい古文書ばかり取り上げている当サイトは、ぶっちゃけメルヘンなのです。にも関わらず少々不鮮明くらいでぶーぶー言わないこと。保存状態よろしからぬ古文書も愛してやってください。

以上、様々ニ申上候共、"佐以登"之解説而已二而者、難儀仕候得者、我教室二被遊可仕候。心ゟ御待ち申上候、依而如件。武州 尾張鷹場村 古文書ネット管理人 宇野藍子

関連記事