くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 用語集

用語集3

古文書の記号

古文書を原稿用紙等に活字で解読筆写する際、知っておくと便利な記号や文字を集めました。

特殊記号

繰返し符号

  • ゝ:平仮名。例:ゐのしゝすゞめちゝ・はゝなど。
  • ヽ:片仮名。例:候ハヽ(そうらわば)など。
  • 々:漢字。例:常々年々など。

  • 〵:縦書き。二字以上の繰り返しに用いる。
  • /\:横書き。用い方は同上。

PCの場合「同じ」と入力して変換キーを押すと検索候補として上がってくる。繰返し符号のことを重点(じゅうてん)、重ね字(かさねじ)、畳字(じょうじ)、踊り字 とも言う。

小さく書く文字

  • 江(へ)/并(ならび)/茂(も)/二(に)/而(て)

意味はどれも現在と同じ。原稿用紙に解読筆写する場合、マス目の右上に小さく書く。

その他

  • 厶(ござる):片仮名のムではなく漢字。参や去などは厶(む)部。

解説

古文書を解読筆写する際、ゟは「より」とせずそのままゟと書くなど、この分野には謎のルール多々あり。専門家でない限り、これらに従わないからどうということもありません。

然しながら古文書解読のとして、共通ルールに従うことにより洗練され、第三者から見て見やすい解読筆写となるでしょう。

古文書用語集

1.頻出語 2.候の用例 3.記号 4.現代語 5.変体仮名早見表

関連記事

古文書解読事典くずし字用例音訓引き字典異体字字典