くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 用語集

用語集3

古文書の記号

特殊記号

より 庵点 印形
意味は現在と同じ。 いおりてん。和歌や歌などの上に記される。 印形を解読筆写する際はこれを用いる。
例:奉公人請状済口証文など。 例:鯰絵はしか絵など。 例:通行手形金子証文五人組帳など。
文字参照 ゟ 文字参照 〽 文字参照 ㊞

文字参照:WEBサイト・HTMLで文字化けを防ぐための表記方法。

繰り返し記号・重点(じゅうてん)

平仮名 片仮名 漢字
例:ゐのしゝすゞめちゝ、はゝなど。 例:候ハヽ(そうらわば)など。 例:常々年々など。

/\
縦書き 横書き
二字以上の繰り返しに用いる。

PCの場合は「同じ」と入力して変換キーを押すと上記検索候補が自然に上がってくる。

小さく書く文字

ならび
意味はどれも現在と同じ。原稿用紙に解読筆写する場合、マス目の右上に小さく書く。

解説

古文書を原稿用紙等に活字で筆写する際、気を付けたい記号や文字を集めました。この業界には謎のルールが多々あり、解読筆写の際もゟは「より」とせずゟって意味がわかりません。専門家でない限りこれらルールに従わないからどうということもないでしょう。然しながら、知らないよりかは知っている方が何だかプロいことは確かなのでご参考ください。

  

用語集

1.古文書基礎辞典/2.候の用例辞典/3.古文書の記号/4.現代語を古文書用語に変換/5.変体仮名早見表

関連記事

辞典

1.古文書解読事典/2.くずし字用例辞典/3.音訓引き古文書字典

4.異体字解読字典/6.草書検索字典/7.全訳古語例解辞典/8.現代漢語例解辞典