くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 江戸時代の暮らし

江戸時代の暮らし

江戸時代の印鑑文化 契約社会における押印需要

江戸時代、印鑑はどのように使われてきたのか、時代背景、持っている人、使われ方などを含め解説します。

時代背景

五兵衛印
五兵衛

印鑑(印章)は、日本では漢委奴国王(かんの わのなの こくおう)の金印に始まり、平安時代末期には花押が発生、戦国時代の小田原北条家は、虎朱印という大型印を代々家印としてフル活用しました。

こうして印鑑は、江戸時代に様々な階層に広がりをみせました。井原西鶴は「証文(証拠の文書)の立つ世上(世の中)なれば、是非もなき仕合(始末)」『本朝二十不孝』といって、江戸時代は契約社会の面があったことと無縁ではないでしょう。

例えば、結婚などして戸籍を他村へ移す時(人別送り状)、奉公に出なければならない時(奉公人請状)など証文を書いて押印。また掟や法度に対して家督して同意を表明するため、連印(五人組前書)して、が領主・役所などに提出。

江戸時代は文字(漢字)が書けない人も少なくないので、文面はもとより自分の名前含め、名主など書ける人に書いてもらえれば、押印するだけでよいというメリットがあります。

持っている人

このような事情により江戸時代、印鑑は身分関係なくどの家にもきほん、あります。しかし家長である男性が印鑑を保有し、女性はきほん持っていません。すなわち女性単独で契約ができません。離縁状(三行半)は夫が書いて、妻に渡します。

庶民男性は認印を所持しましたが、すべて黒印として使用、朱印として使うことは明治新政府の発足以後。江戸時代は現代の「はんこ万能」時代の先例となし、「はんこ行政」をのちの世に助長させました。

百姓に名字アリ

百姓にも名字(苗字)がありますがきほん、彼らは公の場では名乗りません。当サイト掲載の証文類の捺印を確認してみても、下の名ではなく苗字が刻まれていることを確認できます。

使用シーン

  1. 契約者・差出人などして:証文、法度など自分の名前の下に押印。
  2. 改ざん防止:借用証文など数字の上押印。
  3. 照合:関所では、名主が作成した通行手形の判を予め届けられている判鑑(はんかがみ・照合用に登録された花押や印影の見本)に照合して、相違がなければ通行させる。

江戸時代の古文書を学ぶ人で、押印されてた文書を見たことがない、という人は皆無でしょう。それだけ江戸時代は幅広い層に、文字だけでなく印鑑も普及した時代と言えそうです。

  

参考文献

江戸時代 暮らし

1.年貢の課せられ方 2.村方三役 3.五人組 4.男性家長 5.老後 6. 仮の親子関係 7.子育て

8.無尽とは 9.講とは 10.印鑑文化

関連記事

名前の解読:官職名左衛門右衛門兵衛・郎助・蔵・数字など