くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 証文・手形

証文・手形など

人別送り状その2 平蔵娘ちよ

史料

人別送り状 平蔵娘ちよ

※無断転載禁止

解読文

送り一札之事/一 拙者村方組頭平蔵娘ちよ儀、其御村方藤吉殿媒を以、御同村御百姓政五郎殿嫁二差遣し申候所相違無御座候、然ル上ハ当村方宗門人別相除キ申候間、其御村方宗門人別御帳面御書加へ可被成候、

右平蔵義、代々村内広正寺壇中二而、御法度之宗門類族二而者決而無御座候、為後日之送り一札依而如件

島田綿三郎知行所 比企郡広野村名主・竹次郎㊞/文久二年戌三月日/板井村 御役人中(読み下し文はこちら

現代語訳

送り一札の事(戸籍を送り移します)/一 私の村の組頭・平蔵娘ちよは、御村方の藤吉殿の媒(なかだち)により、御同村御百姓・政五郎殿の嫁として縁付きますことに間違いありません。

しかるうえは当村方の宗門人別から除きますので、御村方の宗門人別御帳面へお書き加えください。右平蔵は代々、村内広正寺の檀家で禁制の宗門・キリシタンのたぐいでは決してございません。後日のため送り一札は右の通りです。

島田綿三郎知行所 比企郡広野村(現・埼玉県比企郡嵐山町)名主・竹次郎㊞より。文久(江戸末期)二年三月/板井村(現・埼玉県熊谷市)御役人の方々へ

解説

送り一札(おくりいっさつ)とは、人別送り状(にんべつおくりじょう)のことで、前ページで見た人別送り状その1のおさらいとして史料を解読してみましょう。文書の形式はほぼ一緒なので、村の名前や人物名が解読できれば問題ないかと思います。

そうサラッと言ってくれるな、という方のために簡単にポイントを解説しますと、「藤吉」の「藤」とか「政五郎」の「郎」などは江戸時代の名前によく使われるので、理屈抜きで覚えましょう。

四行目の相違無御座候(そういござなくそうろう)、然ル上(しかるうえは)は超頻出フレーズなので、早い段階から上記名前と併せてサラッと解読できるようになるとよいです。類族(るいぞく)とは、キリシタン宗徒及びキリシタン宗徒の一族七代までの称です。

当史料は破損もなく、書き手のクセもなく、きれいなくずし字で書いてあるので、候文1年生の学習にふさわしい文書です。是非活用してみてね。

  

史料情報

  • 表題:送り一札之事(平蔵娘ちよ政五郎嫁二)
  • 年代:文久 2戌. 3./出所:名主・竹次郎/宛所:板井村役人中
  • 埼玉県立文書館所蔵 飯島家334
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

証文・手形など

通行手形:男手形 解読文,解説女手形/三行半:離縁状 解読文,解説

人別送り状:銀次郎娘とよ・平蔵娘ちよ/奉公人請状:たみ解読文,解説森重郎その1,その2,その3

済口証文:不義密通アルコール依存の息子,その更生と顛末_本文,文末

関連記事

女大学

12.結納/13.結婚式/14.安産の秘訣1 15.秘訣2/16.親の教え/17.娘を持つ親の心得