くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 証文・手形

証文・手形など

三行半(離縁状)書式解説

史料

三行半(離縁状)

※無断転載禁止

離縁状の書式

>>前ページ(解読文・概要)からの続き

往来物(江戸時代の教科書)の中には、下記のように三行半(みくだりはん)と呼ばれる離縁状の書式を収録しているものがあり、離縁状の多くは実際、これらを参考にして書かれました。

りゑん状

一、其方我等(われら)勝手(かつて)二付、

此度離縁(りえん)致候、然ル上ハ、向

後(こうご)何方(いづかた)江、縁付(えんつき)候共、差構(さしかまへ)

無之(これなく)、仍(よつて)如件

 誰

たれどの

出典:高木 侃『三くだり半からはじめる古文書入門 』(柏書房、2011年)142項

史料の場合

史料の場合は表題はないものの、本文は三行半、差出人㊞・日付・宛名で江戸時代の離縁状の体裁はバッチリ整っています。史料解読文は前ページに掲載しましたが、本文は一字一句同じというわけにはいきません。

三行半と一口にいっても、次項の三下半を見てもわかるように、結構バリエーション豊富です。ゆえに古文書に慣れた方でないと、文章が短いわりに解読が難しいかもしれません。

然しながら、まずはきほん書式をざっくり頭に入れておくことで、解読の手助けにもなりますし、その三行半の特徴も明確になってよいと思います。

  

史料情報

  • 表題:[離縁状]
  • 年代:天保5. 7./出所:和十郎/宛名:たみ
  • 埼玉県立文書館所蔵 平山家3984
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

証文・手形など

通行手形:男手形 解読文,解説女手形/三行半:短い離縁状,書式解説,長い離縁状

人別送り状:銀次郎娘とよ平蔵娘ちよ/奉公人請状:たみ解読文,解説森重郎その1,その2,その3

済口証文:不義密通アルコール依存の息子,その更生と顛末_本文,文末

関連記事

女大学

12.結納/13.結婚式/14.安産の秘訣1 15.秘訣2/16.親の教え/17.娘を持つ親の心得