くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 証文・手形

証文・手形など

奉公人請状1-2(たみ奉公ニ付)解説

史料

奉公人請状その1 たみ

※無断転載禁止

解説

江戸時代の労働契約書の特徴

奉公人請状(ほうこうにんうけじょう)とは、簡単にいうと江戸時代の労働契約書です。面白いのは現代とは逆で雇用主ではなく、雇われる側が労働条件等を書いて雇用主に提出します。

また、雇われる本人が奉公人請状を書くのではなく、身元保証人の父兄など親類縁者が書きました。どんなことを書くのか、次に書式を見てみましょう。

奉公人請状の書式

  1. 表題(奉公人請状之事、奉公人手形之事など)
  2. 差出人が○○を奉公に出す理由(年貢の未進など)
  3. 奉公の期間、給料の額
  4. 借りているお金については御暇(おいとま)いただいた時に返済
  5. お家の作法を遵守
  6. 病気、逃亡などをした場合、作法の通りにしてください。
  7. 御公儀様の法令のことは言うまでもありません。
  8. 奉公人(差出人)の宗派・檀家
  9. 年月日
  10. 差出人:人主(ひとぬし・保証人。大概は親類縁者)□□、請人(うけにん・連帯保証人)◇◇
  11. 宛名:奉公先の名主や寺、商人などの名前

史料の解読文は前ページに記載しましたが、まず最初に書式を頭に入れておくと解読しやすいかと思います。とは言っても、古文書に結構慣れた方でないと文面もやや長いので難易度は高いと思います。そんなこともあり、次ページで別の奉公人請状をおさらいとして解読してみましょう!

  

史料情報

  • 表題:奉公人手形之事(多み壱季奉公ニ付)
  • 年代:弘化 3丙午.閏5.25/出所:比企郡上山田村多兵衛外1名/宛所:板井村平兵衛
  • 埼玉県立文書館所蔵 飯島家507
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

参考資料

証文・手形など

通行手形:男手形 解読文,解説女手形/三行半:離縁状 解読文,解説

人別送り状:銀次郎娘とよ平蔵娘ちよ/奉公人請状:たみ解読文,解説・森重郎その1,その2,その3

済口証文:不義密通アルコール依存の息子,その更生と顛末_本文,文末

関連記事

五人組前書(五人組帳)

五人組前書とは一~ニ条三~六条七~九条一〇~一二条一三~一四条連印差出人・宛名