くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 証文・手形

証文・手形など

江戸時代の質入れ 質地証文1-1 解読文

史料

質地証文

※無断転載禁止

解読文

質地証文之事/一 下畑荒山壱反壱畝十五歩 字立野面二而/此代金三分也

右者年々御年貢未進金ニ差詰候ニ付、右之荒畑山年賦二相渡書面之金子借用申所実正二御座候、但年季之義者、当子年ゟ来ル子年迄弐十五ヶ年季二相定申候上、年季明地代金壱両返済仕候ハヽ、上木伐取地所無相違御返可被成候

尤御年貢諸掛り等貴殿方二而、御勤御支配可被成候、此地ニ付先判書条決而無御座候、若脇ゟ触申者御座候ハヽ加判人立合、急度埒明可申候所御年賦証文依而如件

名主・源兵衛、名主・平兵衛/天保十一庚子十一月日/一 永四十三文八歩五リン 反ニ三七文取/たよとの

>>読み下し文

現代語訳

私・源兵衛の下畑荒山の面積は11畝15歩、所在は字・領主直轄地に面し、代金は三分(およそ60,000円)です。私は毎年、年貢を期限に完納できず行き詰まったので、貴殿にお金を渡してこの荒畑山を質に入れました。この証文の申し上げることは確かです。契約期間は、当年より次の子年まで25ヶ年に定めます。

質入れ期間が明け地代金1分(約20,000円)が返済したら、(利用価値のある)上木は切り取り、土地だけは間違いなくお返しください。もっとも年貢諸役などは、貴殿がお勤めし指図にお従いください。この地に付き、先に作成された証文は決してありません。もし脇より異議を申す者がありましたら、保証人が立合いきっと埒明け申します。年賦(ねんぷ)証文はこの通りです。

名主・源兵衛、(武州男衾郡板井村/埼玉県熊谷市)名主・平兵衛/天保(江戸後期)11年子11月/43文8歩5厘、一反あたり永37文取り/たよ殿

質地証文とは

質地証文とは、田畑・屋敷地などの質入れを証明する書付です。古文書の学習をある程度進めると、質地証文に多々出くわすのですが、まともに質地証文に向き合ったことのある人って、そうそういないと思います。何を隠そう、私もそうでした。

質地証文は、定形文書なので型を覚えてしまえば簡単に読めそうなものなのですが、通行手形とか三下り半などに比べると文字数も多く、江戸時代の土地のあり方など時代背景なども知らないと理解しにくいです。くずし字は解読できたのですが、意味がわからなくて現代語訳は『こもなれ』担当編集者で古文書にとても詳しい小代さんに助けていただきました。次ページで質地証文の解読や時代背景を詳しく解説します。

  

読み下し文

質地証文の事/一 げばた荒山壱たん壱せ十五ぶ あざたての面にて/この代金三分なり

右は年々御年貢未進金に差詰め候につき、右の荒畑山ねんぷに相渡し書面の金子借用申すところ実正に御座候、但し年季の義は、当子年より来る子年まで弐十五ヶ年季に相定め申し候うえ、年季あきち代金壱分返済仕りそうらわば、上木地所きり取り相違無く御返し成さるべく候

もっとも御年貢諸掛り等、貴殿方にて御勤め御支配なさるくださるべく候、この地につき、せんぱん書条けっしてござなく候、もし脇より触り申す者ござそうらわば、かはんにん立合いきっと埒明けもうすべく候ところ、御年ねんぷ証文よってくだんのごとし(以下解読文に同じ)

史料情報

  • 表題:質地証文之事(下畑・荒山、壱反壱畝十五歩)
  • 年代:天保11庚子.11./出所:名主源兵衛外1名/宛所:たよ
  • 埼玉県立文書館所蔵 飯島家397
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

証文・手形など

領収書借用手形/質地証文 解読文,解説年貢定免請状年貢受取状

変死体の処理その1,その2,その3村絵図とは,右側解読,左側解読急廻状請取り

関連記事

用語集

1.古文書用語辞典/2.候の用例辞典/3.古文書の記号/4.現代語を古文書用語に変換/5.変体仮名早見表