くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 証文・手形

証文・手形など

村絵図とは

史料 全体図

武州男衾郡板井村

村絵図_全体図

※無断転載禁止

解説

村絵図とは

村絵図とは、江戸時代、村ごとに作られた絵図です。彩色のものが多く、初期は検地帳と共に作成されたり、村明細帳に添えるためなど、様々な事情により作成されました。田畑屋敷、道端、川や用水、主要堂社など景観全般を描いたものがありますが、後期の村絵図は村内の必要な部分のみを描く部分図が多いです。

武州男衾郡板井村

史料は武州男衾(おぶすま)郡板井村(現・埼玉県熊谷市)の村絵図です。当村は、旗本長塩氏、牛奥氏、(寛政一〇年から)亀井氏の知行(三給の相給村)。村高は「天保郷帳」では二一八石余り。化政期の家数四〇軒。耕地は地味粗悪で、住民は米・大麦・小麦・コウゾ・桑・生絹を生産している小さな村です。

当サイトの証文・手形などのコーナーではこのように、板井村の名主家文書(埼玉県立文書館所蔵 飯島家)を中心に扱っています。解読中に板井村が出てきたらこの絵図に思いをはせていただければと思います。それでは次ページからこの村絵図の解読にも挑戦してみましょう!

  

参考資料

  • 『百科事典 マイペディア 電子辞書版』(日立システムアンドサービス)
  • 永原慶二 編『日本歴史大事典』(小学館、2000年)

史料情報

  • 表題:村絵図
  • 年代:近世
  • 埼玉県立文書館所蔵 飯島家116
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

証文・手形など

領収書借用手形質地証文 解読文,解説年貢定免請状年貢受取状

変死体の処理その1,その2,その3/村絵図とは,右側解読,左側解読急廻状請取り

関連記事

村明細帳

1.村明細帳とは/2.大岡越前御検地/3.用水、小物成、家数/4.鷹場、御林、水車/5.圦樋、城跡、御巣鷹山