くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 証文・手形

証文・手形など

変死体の処理その2

史料

全体図

治安文書_全体図02

※無断転載禁止

拡大図(一条目)

治安文書02

※無断転載禁止

解読文

一 御書付を以被仰渡候通、首縊人等有之者見出候者、早速訴出し地頭所差図可請所無其儀、不束之致方不埒至極候、其上注進等も及延引候段旁々以、不埒之致方ニ候旨、

被仰聞御叱り候趣、逸々承知仕、一言可申立候無之、重々不調法至極恐入奉謹候、右ニ付被仰渡候者、向後変死人等も有之見出候者、早束御注進可申上旨、被仰渡

>>読み下し文

現代語訳

一 書面をもって(御支配様(代官)から)申し渡された通り、首吊り人等がありましたら見つけ出し、早速訴え出て地頭所(当村に知行を得る旗本)の指図を受けます。それをせず、軽率なやり方は道理に背く極みです。そのうえ報告等も遅れましたら、どちらにせよ法に背いたということで、お叱りを受けることをことごとく承知させます。

ひとこと主張することなく、重ね重ね考え違いの極みは恐れ入り謹みます。右に付き今後変死人等があり関係者を発見しましたら、早速ご報告申し上げることをご命令どおり…(承知畏まりました>>次ページ

解説

首吊り等などの変死体が見つかった際に、前頁代官所から老中の命令を言い渡されたことなどついて、当村(板井村)に知行を得る旗本に報告。当頁はそれらを踏まえたうえでの今後の対応などを旗本に伝えています。

  

読み下し文

一(ひとつ) 御書付をもって仰せ渡され候とおり、首縊人等これ有り者(もの)見出し候は、早速訴出し地頭所差図請けべく所その儀無き、不束(ふつつか)の致し方不埒(ふらち)至極(しごく)候、

その上注進等も延引及ぼし候だん旁々(かたがた)を以て、不埒の致し方に候旨、仰せ聞かれ御叱り候趣き、逸々(いちいち)承知仕り一言(いちごん)申立てべく候、これ無き重々不調法至極(しごく)恐入り謹しみ奉り候、右ニ付仰せ渡され候は、向後(こうご)変死人等もこれ有り、見出し候は、早束御注進申上げべく旨、仰せ渡され

史料情報

  • 表題:差上申一札之事(首縊人之死骸処理、並ニ変死等ニ付)
  • 年代:安永6年酉.12./出所:百姓代蔵之介ほか/宛所:御地頭所衆中 御役人
  • 埼玉県立文書館所蔵 飯島家522
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

証文・手形など

領収書借用手形質地証文 解読文,解説年貢定免請状年貢受取状

変死体の処理その1,その2,その3村絵図とは,右側解読,左側解読急廻状請取り

関連記事

五人組前書(五人組帳)

五人組前書とは一~ニ条三~六条七~九条一〇~一二条一三~一四条連印差出人・宛名