くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 証文・手形

五人組前書

五人組前書 一~ニ条 御公儀、御用について

史料

五人組前書1~2条

※無断転載禁止

解読文

覚/一、御 公儀様御法度之儀者兼而被 仰出、御条目之通弥堅相守可申事

一、御地頭所様、諸御用村方諸役等之儀、組合之内二而老人・病人・幼少之輩或者無拠候ハヽ、遂相談村役人江申達任差図可相務事

読み下し文

覚(おぼえ)/一、御 公儀様御法度の儀は兼ねて仰せ出(い)だされ候、御条目の通り、いよいよ堅く相守り申すべく事

一、御地頭所様、諸御用ならび村方諸役等の儀、組合の内にて老人・病人・幼少の輩、あるいはよんどろ無くそうらわば、相談遂げ村役人へ申し達し差図任せ相務べく事

現代語訳

規約/第一条:御公儀様の法令のことは、前々から命じられていました御条目の通り確かに堅く守ります。

第ニ条:御地頭所様(地元の知行地)の諸御用ならび村方諸役などのことは、五人組の内で老人・病人・幼少の輩、或いはやむをえない場合は、相談し役人へ通達し指図にしたがって務めること。

解説

第ニ条三行目の「無拠」は、「よんどろなく」と読み、やむをえず、やむなく、の意味です。また古文書で拠は異体字・ で記されます。難しいですが無拠(無據)は非常によく出てきますので覚えてましょう。

後ろから三行目の「組合」(くみあい)とは、当史料の場合、五人組のことです。これ以降、組合という単語が頻繁に出てくるのでこれもまた覚えておきましょう。

  

史料情報

  • 表題:五人組前書(板井村)
  • 年代:文政12丑. 3./出所:名主平兵衛外2名/宛所:黒川文助
  • 埼玉県立文書館所蔵 飯島家8
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

五人組前書

五人組前書とは/御公儀、御用/年貢米、忠孝、耕作

民事、徒党・騒動博奕、交際、旅失踪人、鉄砲連印差出人・宛名

関連記事

無宿とは関東取締出役文政の改革組合村