くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 江戸幕府の改革

江戸幕府の改革

組合村とは

大組合

概要

文政一〇年(1827)の文政の改革で幕府は、関東八カ国々は組合村として領主が誰であろうと、幕府領、大名領、旗本知行、寺社領の区別なく関東取締出役の管轄下に置きました。しかし徳川御三家の水戸藩がこれを激しく拒否。例外として水戸藩だけは、組合村編成から除外されました。

小組合

組合村は、近隣の村々を三~五、六カ村を組み合わせて小組合としました。また、小組合の中の名主で身分相応の者を選出して、小組合惣代(小惣代)としました。

大組合

更にこの小組合を一〇前後集めて、村数にして四五村を組織したのが大組合です。そして各小組合の小組合惣代(小惣代)から、大組合惣代(大惣代)が数人選ばれ、大組合を取り仕切りました。

機能

組合村の機能は、警察的取締支配の強化、村内訴訟の処理、経済統制、若者組の対策等があります。更に小組合は、村相互を監視し、村の戸籍から外れた無宿、悪党集団が入った時は組合村で対応し、取押えなければなりませんでした。

寄場村(親村)

寄場役人

大組合から、交通の要衝(ようしょう)や商品流通の中心として選ばれた小組合は、寄場村(親村)となりました。寄場村の名主は大組合惣代且つ寄場役人として、大組合を取りまとめました。

囲捕理場(かこいほりじょう)

寄場には、囲捕理場(仮牢)が設置されて、囚人や無宿を預かりました。囚人や無宿は増加の一途を辿りますが、その経費は農民負担となりました。

  

幕府の改革

1.江戸時代の自然災害/2.享保の改革/3.寛政の改革/4.無宿とは

5.関東取締出役/6.文政の改革/7.組合村/8.天保の改革

参考文献

  • 所沢市史編さん委員会編『所沢市史上』(所沢市、1991年)

関連記事

江戸時代人口年貢米の納め方相給とは旗本とは

/2019年10月21日 公開