くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 尾張藩鷹場

尾張藩鷹場

尾張藩鷹場組織図

尾張藩 鷹場組織

尾張鷹場組織図

小平市立図書館所蔵 當麻家文書、東村山市史を元に作成

物理施設

尾張藩鷹場の支配は、江戸は和田戸山(東京都新宿区)にあった、戸山屋敷内に置かれた御鷹方役所があたりました。寛政以降幕末まで、この戸山屋敷の下に新座郡下保谷村(西東京市)、多摩郡立川村(立川市)、入間郡水子村(富士見市)の三ヶ所に陣屋を置きました。

役人

御鷹方役所には、東村山市史によると鷹匠、鷹場吟味役、鷹目付、鳥見などの役人が置かれました。彼らの個々の詳しい職責については不明な点も多く、正確なことはよくわからないのですが組織図を図に示しめしました。私の汗と涙の結晶。(笑)

鳥見

見廻り役とも呼ばれる鳥見は享保の時点では十八人いましたが、天明以降、一年交代で六人になり、前述の三陣屋に派遣されました。

餌差

鳥見の配下には、御鷹場御預り御案内と餌差(えさし)が置かれました。餌差とは、鷹(たか)の餌とする小鳥を捕らえる人のことです。

御鷹場御預り御案内

尾張藩と他の鷹場の何が違うのかというと、尾張鷹場には御鷹場御預り御案内という不思議な存在がいました。私の歴史の研究の一つが、マニアックにこの「御案内」なんですが、次頁について詳しくみていきましょう。

  

参考文献

  • 東村山市史編纂委員会編『東村山市史』(東村山市、1971年)
  • 槇本晶子『尾州藩の鷹場について「多摩のあゆみ第50号」 』(多摩中央信用金庫、1988年)
  • 宇野藍子『古文書講師になれました』(柏書房、2017年)

尾張藩鷹場

概要

鷹狩とは鷹場とは/鷹場組織/御預り村と御案内役

鷹場法度

第一条~三条第四条~六条第七条~九条期限、差出人合札取扱い、宛名