くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 尾張藩鷹場

尾張藩鷹場

尾張御鷹場 御預り村と御案内役

御案内役 担当区域地図

御案内役 担当区域地図_尾張藩鷹場
「尾張藩の鷹場について」(槇本晶子、『多摩のあゆみ 第50号』多摩中央信用金庫、1988年)を元に作成

御預り村

尾張藩鷹場は、地域ブロックに分けられて管理され、各ブロックを代表するのが御鷹場御預り御案内(以下、御案内と言う)です。

御案内は、いずれも在地有力農民から召し出されています。しかし宝暦三年の時点で六人だった御案内は、図に天保期から十人~十一人の組織に編成されました。この内、元禄以前にも御案内を務めていた家は村野と高橋のみで後は新しい面々でです。

御案内のおよそ二倍の人数の増加については、槇本晶子氏(参考文献)によれば、百十八カ村にも及ぶ村をたった六人の御案内で取り締まるが困難だったのではないかと見解を述べています。

図の白丸は御案内の居住地を示し、倉片は現所沢市、新藤は現入間市、當麻(たいま)は現小平市となります。

御案内の身分と職責

御案内はあくまで農民ですが名字、刀を許され、農民と武士の間のような存在です。学校の歴史の教科書で士農工商と習ったと思いますが、実際江戸時代には、農民と武士の中間のような存在が大なり小なりいました。

逆にいえばこのような存在の研究が遅れています。御案内の他に地元では、八王子千人同心などもそのような位置に属します。

御案内の職責は多岐に渡り、主なところでは鷹場法度の読み聞かせ、案山子・家作・普請願の許可、役人見廻りの送迎、鷹狩の際の案内、鷹場内の検分などです。

御案内は個々に活動しているというよりは、常に連絡を取り合い、相談しながら尾張鷹場全体を守っています。リーダー(年番)もあって、これは一年ごとの輪番制です。会合場所はどこのお宅だと思いますか。

常に倉片家、なのです。理由はわかりませんが、当時から所沢は商業が発達していて交通の便がよく、尾張鷹場の真ん中に位置しているので都合がよかったのではと推測されます。

  

参考文献

  • 槇本晶子『尾州藩の鷹場について「多摩のあゆみ第50号」 』(多摩中央信用金庫、1988年)
  • 本間清利『御鷹場』(埼玉新聞社、1981年)
  • 宇野藍子『古文書講師になれました』(柏書房、2017年)

尾張藩鷹場

概要

鷹狩とは鷹場とは鷹場組織/御預り村と御案内役

鷹場法度

第一条~三条第四条~六条第七条~九条期限、差出人合札取扱い、宛名