くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 江戸幕府の政治

江戸幕府の政治6

江戸時代の村数、高、面積、人口など村の基礎データ

村数

江戸時代の村の数(天保五年)は、約63,000です。現在の市町村数1,800です。よって一つの市町村に35程度の江戸時代の村があったことになります。

村高、面積、人口

江戸時代の村高(石高)の平均は五〇〇石、耕地面積五〇町、農村戸数四〇~五〇戸、人口は約四〇〇人です。江戸時代の村は今日の市町村に比べて小規模だった為、人々の結びつきは強いものでした。

各々の村高など基礎データについては、各々の村に残されている村明細帳を見ればわかります。例えば文化一三年、大岡忠相が検地した天領(幕府領)の武州多摩郡大沼田新田(現・東京都小平市)の石高は約三二〇石、田畑の面積は一二三町、家数四五軒となっています。

村方三役

  • 名主(なぬし):村役人の長
  • 組頭(くみがしら):名主の補佐役。年寄(としより)とも呼ぶ。
  • 百姓代(ひゃくしょうだい):百姓の代表。

詳しくは村の組織図をご参照ください。

高掛り三役

  • 伝馬宿入用(てんましゅくにゅうよう):五街道の宿駅の維持費。
  • 六尺給米(ろくしゃくきゅうまい):江戸城で働く奉公人に支給される米代。
  • 御蔵前入用(おくらまえにゅうよう):江戸浅草にある幕府米蔵の維持費。

高掛り(たかかり)三役の記載があった場合、その村は天領(幕府領)となります。村高に応じて課せられる百姓役です。詳しくは年貢の課せられ方をご参照ください。

割地(わりち)

何年かに一度、くじ引きなどによって、村人たちが所持地を交換します。年貢の不公平を無くすために行われました。また、

近世 村社会の衰退

近世の村社会は、ひとつの土地は個人のものではなく、村全体のものである場合が多く、村の人々は、名主をはじめ村全体で支えあって生きていました。しかし近世中期以降は、自然災害による耕地の生産能力の低下に加え、農作物を大量消費する都市江戸に年貢を搾り取られ、近世後期には村は機能しなくなり、衰退していきました。

  

参考文献

秋山高志、前村松夫、北見俊夫、若尾俊平 編『図録 農民生活史事典』(柏書房、1991年)

江戸幕府の政治

1.人口/2.武士の俸禄/3.年貢米の納め方/4.相給とは/5.旗本とは

6.村の基礎データ/7.宿駅のしくみ/8.組合村:9.小組合/10大組合

関連記事

江戸時代の繋がりと地域社会

村の組織図五人組の役割

五人組前書(五人組帳)

五人組前書とは一~ニ条三~六条七~九条一〇~一二条一三~一四条連印差出人・宛名