くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 江戸幕府の政治

江戸幕府の政治1

江戸時代の人口および子供の数、初婚年齢、寿命

人口

江戸時代人口は平均3,000万人と推定されており、そのうちの約八割が百姓身分の人々です。戦国時代(1600年)の人口は約1,400万人なので二倍に急増しました。

子供の数

江戸時代後期の一家の子供の数はニ~三人程度です。少子化の背景には晩婚化がありました。

初婚年齢

江戸時代の平均初婚年齢は男性が、二五~二八歳、女性は一八~二四歳くらいです。

一七世紀から一九世紀にかけて、男性ではニ歳、女性では三歳程度初婚年齢が上昇しました。父親中心の子育て子供は村の子も併せてご参照ください。

寿命

一七世紀の平均寿命は三〇歳でしたが、一九世紀では三〇代後半になりました。庶民は武士より短命で、女性は妊娠死亡率が高かったので女性は男性より短命でした。

平均寿命が短い要因は、天然痘にかかって死亡する乳幼児が多かったからです。成人すれば七〇歳まで生きる人も珍しくありませんでした。地域で支え合う介護老後の生活も併せてご参照ください。

  

参考文献

江戸幕府の政治

1.人口/2.武士の俸禄/3.年貢米の納め方/4.相給とは/5.旗本とは

6.村の基礎データ/7.宿駅のしくみ/8.組合村:9.小組合/10大組合

関連記事

江戸時代の繋がりと地域社会

1.はじめに/2.年貢の課せられ方/3.村の組織図/4.五人組の役割/5.男性家長の役割

6.地域で支え合う介護/7.老後の生活/8.父親中心の子育て/9.仮の親子関係

10.子供は村の子/11.子育てネットワーク/12.超個人主義の果てに